bit

日本のオランジーナは本家フランス版となぜこんなに違う? 

1936年に誕生して以来、フランスの定番ドリンクとしてその地位を保っているオランジーナ。元はシュウェップス・インターナショナル・リミテッド社の商品だが、2012年にサントリーが日本で販売を始め、瞬く間に日本国内でも認知された。

世界にオランジーナが初お目見えしたのは仏南部マルセイユの見本市。スペイン・バレンシア出身の薬剤師トリーゴ博士の発明品から、仏領アルジェリア人レオン・ブトン氏が着想を得た。最初は「ナランジーナ(スペイン語で小さなオレンジ)」という名前だったが、その後「オランジーナ」になったそうだ。

現在約60カ国で売られている同商品、日本と本場フランスでどう違うのか。飲み比べてみた。

まずパッケージが異なる。日本のオランジーナは日本人がフランスに抱く、かわいらしい印象を全面に出したプリント。一方でフランスはスッキリした感じだ。中身にも明確な違いがあった。日本はジュース自体の色が若干濃く香りが強い。そしてフランスに比べて甘い。一方で、フランスは香りの主張はそこまで無いものの、炭酸が強くジュース内にあるオレンジの粒は多い。

日本はパッケージのイラスト通り、炭酸がまろやかで甘くかわいらしい味。フランスは炭酸が強めでさっぱりとした味。両者の違いは微妙なものではなく、明確に分かるレベルだった。これら両商品のイメージの違いは、公式ホームページを見ても明からで、日本が女子受けしそうなカラフルでポップな感じを全面に出しているのに対し、フランスは人の出で立ちをしたリアルな動物がメインだ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク