review

『孤独のグルメ』の久住昌之と天才たちによる伝説の奇書、奇跡の復刊『タキモトの世界』

『孤独のグルメ』の久住昌之と天才たちによる伝説の奇書、奇跡の復刊『タキモトの世界』
左がこのたび復刊された『タキモトの世界』。右が筆者所有のオリジナル『タキモトの世界』。判型も厚みもそっくり同じ。また、今回は巻末にタキモトさんと末井昭氏の対談も収録されているという読者オオヨロコビ&古本屋さんガッカリ仕様だ。
ついに復刊された! 読んだ人は誰もが絶賛しながら、なぜか増刷されることもなく、長いあいだ幻の名著とされてきたあの本が! ネットオークションに出品されるたびに入札が殺到し、あっという間に価格が吊り上がる伝説の奇書が! 高田馬場の古書市であっさり500円で発見し、自分の店(わたくし古本屋なのです)用に仕入れてそろそろ店頭に並べようと思っていた、あの『タキモトの世界』が! ついに復刊されて、どなたにもお求めやすくなっちゃったんだよ、うわーん!

著者は『孤独のグルメ』などで、すっかりお茶の間でも知られる存在となった漫画原作者の久住昌之と、カメラマンの滝本淳助。この二人による共著だ。しかし、タイトルにもなっている『タキモトの世界』とは、いったいなんなのだろうか?

1981年から1988年にかけて刊行されていた雑誌に『写真時代』(白夜書房)というものがあった。ページをめくれば巻頭からドバドバ過激なヌード写真が掲載されているので、一般的には“エロ本”ってことになるんだが、この雑誌をそんな一言で片付けることは到底できない。なぜなら、エロさえ載ってりゃ他は何をやってもかまわないとばかりに、フリークス(本物)の写真だの、ヤクザ(本物)の肖像だの、心霊写真(本物?)だのが毎号のように誌面を飾る、正直どうかしているサブカル雑誌だったからだ。

写真を掲載していたのは天才“アラーキー”こと荒木経惟を筆頭に、森山大道、倉田精二といったいまとなっては大御所ばかり。コラムの執筆陣には赤瀬川原平、糸井重里、上野昂志、南伸坊といった名前がズラリと並ぶ。編集長は、これまた天才編集者として業界にその名を知られる末井昭。そんな彼らに混じって活動していたのが、若き日の久住昌之と滝本淳助だった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「孤独のグルメ + 韓国」のおすすめ記事

「孤独のグルメ + 韓国」のおすすめ記事をもっと見る

「孤独のグルメ + 漫画」のおすすめ記事

「孤独のグルメ + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「けいおん!!」のニュース

次に読みたい関連記事「けいおん!!」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年3月25日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 孤独のグルメ 名古屋
  2. 孤独のグルメ 漫画
  3. 孤独のグルメ 韓国

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。