review

なぜベイスターズは弱いのか『4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史』

なぜベイスターズは弱いのか『4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史』
『4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史』(村瀬秀信著/双葉社)<br />横浜スタジアムの脇を流れる大岡川で産湯をつかった著者が放つ、愛と笑いと涙の大洋ホエールズ&横浜ベイスターズ球団回想録。
プロ野球ペナントレースはいよいよ後半戦へ。
例年通り団子状態のパ・リーグに対し、セ・リーグは巨人が抜け出てはいるが、3位以内のクライマックスシリーズ(CS)出場権の行方はまだまだわからない。特に注目すべきなのが、前半戦を4位で折り返した横浜DeNAベイスターズだ。
前半戦が最下位以外なのは2007年以来6年ぶり。2005年以来のAクラス=球団史上初のCS進出にも期待が持てる位置につけている。好調なのは順位だけではない。前半戦終了時点での平均入場者数は昨年から10.4%増。ファンの期待度が例年以上に違うのだ。

今年のベイスターズはこれまでと何が違うのか。
なぜ、5年連続で最下位&この10年間で9回もBクラスなのか。
そして、ベイスターズファンはなぜ弱くても応援し続けるのか。

『4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ 涙の球団史』は、そんなベイスターズにまつわるさまざまな「なぜ?」を、選手、OB、球団経営者など30人超へのインタビューを通してつまびらかにしていく。著者は村瀬秀信。ベイスターズファンとしても有名で、Numberにおけるベイスターズ記事で、愛するが故の人情話を展開し続けているスポーツライターだ。その村瀬が話を聞いた人名を並べるだけで、この本の本気具合がわかる。

平松政次、遠藤一彦、高木豊、山下大輔、田代富雄といったホエールズ時代のスター選手たち。
佐々木主浩、谷繁元信、石井琢朗、鈴木尚典、波留敏夫といった98年の日本一メンバー。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2013年7月25日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース