review

恋愛下手、DV、統合失調症そして天才作家『島田清次郎 誰にも愛されなかった男』

恋愛下手、DV、統合失調症そして天才作家『島田清次郎 誰にも愛されなかった男』
『島田清次郎 誰にも愛されなかった男』風野春樹/本の雑誌社<br />エピソードだけでなく、清次郎作品の記述も充実。物語のあらすじに加えて、世間や文壇の反応も丁寧に調べられ、紹介されている。
〈本当に男の中の男になろうとしてゐる自分を愛さない女は女であるまい〉
と豪語する男、それが島田清次郎だ。
1919年、20歳の時に刊行されたデビュー長篇『地上』が大ベストセラーに。天才作家としてもてはやされるも、スキャンダルにより人気は急落。
以降、奇矯な行動が目立つようになり、25歳で早発性痴呆(統合失調症)と診断され精神病院に収容され、31歳で肺結核により死去。

本書『島田清次郎 誰にも愛されなかった男』は、そんな清次郎の波乱万丈な人生を描いているだけではない。豊富なエピソードと共に、天才でも狂人でもない、等身大の清次郎像を掘り下げていく。

自信満々な言葉とは裏腹に、清次郎は恋愛下手な男だった。
子供の頃は、気に入った女の子がいれば、即アタック。相手の意向もお構いなしに、盛んにラブレターを送っていたという。
好みのタイプは、〈進歩的で姉御肌〉。清次郎はこのタイプの女性を追いかけ続けた。でも、短い生涯の中でアプローチの仕方が進歩することも、恋が成就することもなかった。
〈某社会主義者の令嬢〉へ、自分の都合と自慢ばかり書かれたラブレターを送る。けれど、思いが伝わったのかどうかもわからぬまま、相手の父親に関係を断たれてしまう。
ファンレターを送ってきた女性と、強引に結婚。ところが、清次郎の度重なるドメスティック・バイオレンス、そして海外渡航中に外交官夫人へキスを強要したという報道が引き金となり、入籍もしないうちに故郷へ帰られてしまう。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。