review

大の鉄道好き、松井玲奈登場「JTB時刻表」

       
先日のAKB48グループの「選抜総選挙」で5位となった松井玲奈(SKE48・乃木坂46)。現在発売中の「JTB時刻表」6月号の巻頭には、その松井が「矢野直美のダイヤに輝く鉄おとめ」という連載インタビューに登場している。ファンのあいだではよく知られるように、彼女は大の鉄道好き。今回の記事でも、大好きな車窓を訊ねられ、「JR武蔵野線の風景」と答えていたりと、そのこだわりぶりがうかがえる。大好きな東京ディズニーリゾートへも、東京駅から京葉線ではなくわざわざ武蔵野線で大回りして行くこともあるのだとか。

インタビューではまた、愛知県出身の松井が日常的に利用している名古屋鉄道(名鉄)についても話題にのぼる。その名鉄は今月25日で、ルーツとなる会社の設立からちょうど120年を迎える。前出の「JTB時刻表」では、それを記念した巻頭カラー特集も組まれ、歴代の名鉄の名車や、路線と沿線についての情報がちりばめられている。かく言う私もその沿線で育っただけに、名鉄にはそれなりに愛着はある。せっかくなので、以下、名鉄に関するトリビアをその歴史を中心にいくつか紹介してみたい。

■東京よりも先! 日本で2番目の電車営業
名鉄のルーツは、1894年(明治27)に設立された「名古屋馬車鉄道」だ。同社は文字通り、名古屋市内での馬車鉄道の営業をめざしていたが、時代は変わりつつあった。同社設立の翌年には、京都で日本初の電車の営業運転が始まる。この波に乗らねばと、車両の動力を馬から電気へと変更して営業を申請、会社名も1896年に「名古屋電気鉄道」と改めた。1898年には最初の路線、笹島~県庁前間が開業。これは京都に続き日本で2番目の電車の営業運転となった。関東で初めて電車を走らせた大師電気鉄道の川崎~大師間(現在の京急大師線)の開業が1899年だから、それより1年早い。東京で市内電車が走るようになるのは、さらに数年後、20世紀に入るのを待たねばならなかった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「大の鉄道好き、松井玲奈登場「JTB時刻表」」の みんなの反応 3
  • 小芝風花 通報

    川原誠也

    1
  • 津曲裕次 通報

    中川誠也

    1
  • JTB時刻表 通報

    JTB時刻表

    0
この記事にコメントする

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。