〈村上春樹氏の著作本は長い間、中古でしか買ったことがなかった〉

『村上春樹への12のオマージュ いまのあなたへ』は、20代半ばから40代前半の若手作家12名による、村上春樹へのオマージュ小説12篇をまとめたアンソロジー。元は、NHKラジオテキスト『英語で読む村上春樹 世界のなかの日本文学』2013年4月号〜2014年3月号に掲載されていた。

各篇の前には作者による、「村上春樹、そして私」というコラムが置かれている。
村上春樹が『風の歌を聴け』でデビューしたのが1979年。その前後に生まれた若手作家たちは、村上春樹の小説を読み始めた時期も思い入れもそれぞれ違う。冒頭に挙げたような記憶しかない作家がいても、無理はないというものだ。

記憶の主は、第151回芥川賞の候補(受賞者は7月17日に決定)でもある、1985年生まれの羽田圭介。
彼によるオマージュ小説「みせない」は、年始を独りで過ごすカメラマン・マルヤマの生活の中に、村上春樹っぽい要素が見え隠れする。
たとえば村上春樹と同じく、ジョギングが習慣という主人公の設定。たとえば、マルヤマが偶然近所で見かけた、以前に撮影を担当した女性歌手。彼女の素顔と、大幅に修正の施された掲載写真の顔の違いからマルヤマの脳裏に浮かぶ、本当の自分って何?というテーマ。
青臭い自分探し小説なのかというと、そうではない。オリジナルであることがいいことなのか?アイドルをはじめ、何かのフォーマットに落とし込まれた個性のなさが今は求められているではないか?という身も蓋もない意見が、主人公を通じて物語の中で表明される。そのひねくれ具合にこそ、古本で安く買えるという理由もあって村上春樹の小説を読み、影響を受けざるを得なかったのかもしれないと考える作者の個性がある。