review

落ち着く場所が家族だなんてきれいごと「家族狩り」6話

       
「家族狩り」(TBS、金曜22時〜/原作・天童荒太)、8月7日放送・6話のおわり、いつものアイキャッチの翼が、禍々しい髑髏に変わった。

5話で、引きこもり生徒・実森(岡山天音)と教師・巣藤浚介(伊藤淳史)が、美味しい珈琲とレーズンパンと裏DVDによって心を通わせ、つかの間ほっこりした分、6話で描かれた実森の行く末には激しい衝撃を受けた(今回の脚本は泉澤陽子)。
4話分ヘヴィーにして5話の良い話を強調したのかと思いきや、むしろ、5話こそ6話の辛さを高めるためにあったようだ。やられた。本当にむごいドラマである。
生徒と先生のいい話も、私産むから(しかも嘘妊娠)の美歩(山口紗弥加)に言わせたら「今時、金八キャラとかマジうざいから」。がっくし。

悲しい結末が待っていることを知ってか知らずか、6話の中盤、児童心理司・氷崎游子(松雪泰子)は、実森の父母(父は、会社のそばのウイークリーマンション生活で家に寄り付かないでいた)に語りかけた。
「家族ってうまくいかないことのほうが普通なんだってことです。
あったかいもの、落ち着く場所が家族なんてきれいごとです。
憎んだり、喧嘩したり、人と人だから、家族の間でもめるのが当たり前です。
だからこそ、なにがあっても家族を大事にしよう。なにがあっても子供を愛し続けるんだって覚悟をもち続けないといけないと思うんです」

家族とは、そもそもうまくいかないものを、それでもなんとか保たせていこうと協働(共闘か?)する、運命共同体みたいなものなのだろうか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「家族狩り」に関する記事

「家族狩り」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「家族狩り」の記事

次に読みたい「家族狩り」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

家族狩り

家族狩り

「誰か家族を狩ったのか?」という謎を追っていくミステリー仕立てのドラマ。一家心中のように見せかけて、次々と家族を殺している人物がいる。誰が? 何のために?捜査一課の馬見原光毅(遠藤憲一)たちが真相を追う。

2014年8月15日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 家族狩り ドラマ
  2. 家族狩り 中村ゆりか
  3. 家族狩り 北山宏光

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。