review

食虫植物は、他の生命を餌食にしてすくすくと育つがゆえに美しい『不可思議プランツ図鑑』

食虫植物は、他の生命を餌食にしてすくすくと育つがゆえに美しい『不可思議プランツ図鑑』
『おどろきの植物 不可思議プランツ図鑑: 食虫植物、寄生植物、温室植物、アリ植物、多肉植物』木谷 美咲 横山 拓彦 (イラスト)/誠文堂新光社
奇想天外、亀甲竜、ライオンゴロシ……。ノーヒントでこれらが何だかわかる人はどれだけいるのだろう? これらはすべて植物の名前である。

木谷美咲・文、横山拓彦・絵による『不可思議プランツ図鑑』は、文字通り世界中の不思議な植物を、博士と少年の掛け合いと美麗なカラーイラストで紹介していく本だ。

サブタイトルには「食虫植物、寄生植物、温室植物、アリ植物、多肉植物」とあるが、木谷は他にも食虫植物に関する著作が多数ある“不可思議植物愛好家”。奇怪な植物たちを、比較的見やすい「レア度1」、自生地に行かないと見られない「レア度2」、見ようと思っても見ることが難しい「レア度3」とざっくりした分類で紹介してくれている。

虫を捕まえるために0.5秒で葉が閉じるハエトリソウ。
筒状の葉の中に落ちた虫をじっくり消化液で溶かすサラセニア。
地上で美しい花を咲かせているのに地中の茎で虫を食べるミミカキグサ。

このあたりの食虫植物はまだまだ「レア度1」の序の口のほう。
葉の表面が消化液できらきらと輝くモウセンゴケについては、博士が「他の生命を餌食にして、すくすくと育つがゆえに、美しいのじゃ」と、少年をおいてけぼりにしたコメントをしている。
亀甲竜も「レア度1」。南アフリカ原産のヤマノイモ科の塊根植物で、亀の甲羅に似ているからその名がついた。中身は煮て食べることができる。

サブタイトルにもある「アリ植物」とは、アリノトリデやアリノスシダのように塊茎の内部をアリに住居として提供する植物のことだ。アリは巣の中に食べ残した昆虫を運び、それが植物の栄養となる。このあたりでようやく「レア度2」。

あわせて読みたい

  • 斎藤工の食虫植物的魅力「昼顔」7話

    斎藤工の食虫植物的魅力「昼顔」7話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年9月25日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら