「美輪さんですか? 美輪さん、飯食うんですかね? 
困ったなぁ……何が好きなんだろう? 困ったなぁ……」

困ってるのは渡部建。児島じゃない。
芸能界でも生粋の食通で知られ、ブログ「わたべ歩き」も人気のお笑いコンビ・アンジャッシュ渡部建が、意外や初のグルメ本『芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒』を上梓。
26日の発売日を前に昨夜行われた完成記者発表では、なぜか困ってばかりいた。

冒頭のセリフは、10月からの新番組「ニュースな晩餐会」(フジテレビ系)で共演する美輪明宏と田中みな実の二人をアテンドするならこの本の中のどの店に連れていくか? という質問に対して。

本の中では、実際に芸能人にオススメした店、自分でもデートに使った店がラインナップされているというが、さすがに美輪明宏にふさわしい店はなかなかないらしい。

「一か八か……一軒、自動販売機でお酒を買って飲む店があるんです。焼鳥も自分で焼く店なんですけど、そこに連れて行きましょうかね」

酒は自販機、焼鳥はセルフというその店は、茅場町にある立ち飲み屋「ニューカバヤ」。
昭和39年からサラリーマンたちに愛されきた立ち飲み屋で、壁には日本酒、焼酎、ウイスキーの自販機が並び、100円を入れるとお酒がちょろちょろ出てくる仕組み。
焼鳥を頼むと串が渡され、片隅の炭焼台に持って行って自分で焼くセルフっぷり。
いい大人たちが百円玉をテーブルに積み上げ、「今夜はダブルだ!」と200円を自販機に入れる“大人の駄菓子屋”だ。