review

「あと5年生きていたら」ノーベル賞を取り逃した科学者たち

       
今年もノーベル賞が発表される週を迎えている。きのう10月7日には、ノーベル物理学賞を赤崎勇・天野浩・中村修二の3人の研究者に授与するとの発表があった。いずれも発光ダイオード(LED)の実用化に貢献した人たちである。

いまさら言うまでもないことだが、今回の例にかぎらず、自然科学の部門(物理学賞、化学賞、生理学・医学賞)においてノーベル賞は、歴史に画期をなす発見や発明に与えられるものだ。1901年に始まった同賞はそのまま20世紀以降の科学史そのものといっても過言ではない。もっとも、大きな業績を残し、一般的にもその名を広く知られながらもノーベル賞に選ばれなかった人物もけっして少なくない。アメリカの発明王で、電力技術の分野に多大な功績を残したエジソンもその一人だったりする。

■エジソンがノーベル賞を逃したのは共同受賞者が辞退したから!?
私が子供の頃(1980年代)に読んだ本には、エジソンがノーベル物理学賞の候補にあがりながら、結果的に受賞を逃したことが次のように書かれていた。

《一九一二年のノーベル賞がエジソンとテスラに与えられようとしたとき、テスラはエジソンとの共同受賞を拒否したために、業績としては二人にはるかに及ばない人がもらった》(平田寛編著『地球は青かった 科学の名言集』

ここに登場するテスラというのはクロアチア出身の電気工学者で、19世紀末にアメリカに渡り、エジソンの設立した電灯会社で研究・開発を行なっていた。だが、やがてその会社をやめてしまう。それというのも、発電や送電する方式として交流を主張するテスラに対し、エジソンは直流に頑なにこだわり、真っ向から衝突したためだ。のちにノーベル賞の候補にエジソンとともにあがったとき、テスラが共同受賞を拒否したのは、そうした事情があったからだと説明される。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。