review

もう誰にも止められない。女の子にしか見えない「男の娘」の実情に迫る『「男の娘」たち』

もう誰にも止められない。女の子にしか見えない「男の娘」の実情に迫る『「男の娘」たち』
川本直『「男の娘」たち』は、「男の娘」をテーマにしたノンフィクション。男の娘たちを3年間取材し、彼(女)たちと男の娘文化の「今」を描いた。
〈「男の娘」の時代がやってきた〉

「男の娘」という言葉がある。「おとこのこ」と読む。
比較的新しい言葉なので、定義ははっきりとしていない。「どう見ても女の子にしか見えない男の子」「女装などしなくても女性に見える男の子」「薬や手術などなしの、単なる女装している容姿端麗な男の子」……「二次元限定。三次元にはいない」という意見もある。
川本直『「男の娘」たち』は、何人もの三次元の男の娘に取材した「男の娘ノンフィクション」だ。
川本は男の娘の定義を〈生まれた時の生物学的性別が男性だった「トランスジェンダー」のことである〉とする。「トランスジェンダー」とは、ジェンダーアイデンティティが生物学的性別や与えられたジェンダーと一致しなかったり不安定だったりする状態を、ジェンダー表現を変更することで解消しようとする人のこと。性別違和をもち性別適合手術を受けた人も、女装をする人も、トランスジェンダーに含まれる。

『「男の娘」たち』は、日本最大級の女装イベント「プロパガンダ」を主軸にして男の娘たちを追いかけている。プロパガンダは立ち上げたモカによると〈女装さんが好きな人だったら誰でも来てほしい。女装が好きな男性でも、女装した女性が好きな女性でも、ゲイでもレズビアンでもFtMでもきてほしい(※FtMはFemale to Maleの略称で、男性ホルモン投与や性別適合手術で女性から男性へ性別を越境した人)〉イベントだ。

あわせて読みたい

  • 男と女がカップルって実は普通じゃない

    男と女がカップルって実は普通じゃない

  • 任天堂「トモダチコレクション」同性婚問題はなぜ大騒動になったのか

    任天堂「トモダチコレクション」同性婚問題はなぜ大騒動になったのか

  • レビューの記事をもっと見る 2014年10月20日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース