review

なぜ教師の性犯罪はなくならないのか「スクハラ」の実像

なぜ教師の性犯罪はなくならないのか「スクハラ」の実像
池谷孝司の『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』は、「スクールセクハラ」の実像に迫ったドキュメント。被害者・加害者に取材し、スクールセクハラが起こってしまう仕組みを指摘している。
わいせつ行為で懲戒免職になった公立中学校教師の数。
1999年はわずか3人。
2012年には、40倍の119人だ。
問題教師が10年間で急増したのではない。これまで見過ごされていたものが厳しく処分されるようになり、表に出てきたのだ。

〈子どもたちを育てようと教師になったはずの人たちが、なぜ子どもをつぶすようなことをするのか。学校はどうして隠蔽に走ってしまうのか。スクールセクハラはどうすれば防げるのか〉

池谷孝司『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』は、教師による生徒へのスクールセクハラのドキュメントだ。

〈教育関係者は「なぜ学校でそんなことが」と嘆くが、実は教師が指導の名の下に強い力を持つ学校だから起きる構図なのだ。信頼する教師が加害者になる、学校だからこそ起きる「権力犯罪」なのに、学校や教育委員会は「一部の不心得者の行為」「どこの組織にもそういう人間はいる」という認識にとどまり、さらには保身による隠蔽体質が次の事件を生む構造がある〉
〈もちろん、多くの教師が真面目に働いていることは言うまでもないが、授業に熱心で、部活動で実績を上げる教師が陰で悪事を働くこともしばしばある。権力を悪用する危険は常に多くの教師に存在する〉

ひとたび問題が起こると、教師本人の資質に注目が集まりやすい。そうではなく、「学校」という仕組みそのものに潜む問題を池谷は指摘している。

本書は5章仕立て。「M教師(問題教師)」「特別権力関係」「部活動」「二次被害」「届かない悲鳴」と章題がつけられていて、実際に起こったスクールセクハラ事件を、被害者・加害者に取材する形で描いている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「なぜ教師の性犯罪はなくならないのか「スクハラ」の実像」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    自分が権力者になれ。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。