review

東京オリンピックと日本のデザインの青春。迎賓館赤坂離宮物語

東京オリンピックと日本のデザインの青春。迎賓館赤坂離宮物語
野地秩嘉『TOKYOオリンピック物語』(小学館文庫)<br />本文で紹介した映画『東京オリンピック』や東京オリンピックのデザイン以外にも、選手村での食事の提供、警備会社の設立などをテーマに、1964年のオリンピック開催を支えた人々を追ったノンフィクション。Kindleほか電子書籍版も発売されている。
東京・元赤坂の迎賓館の前庭が来月、11月8日から10日の3日間、一般に公開される予定だ。事前の申込みは不要で、当日指定の時間に行けば誰でも入場できる。迎賓館では年に1回、だいたい夏に館内の一般公開が行なわれているものの、こちらは数カ月前に応募が必要で、しかも定員があるので参観者は抽選で決められている。今回は館内は見られないとはいえ、建物を間近で見られる格好の機会だ(詳細は内閣府のサイトを参照)。

迎賓館は、外国の王族や大統領など国賓およびそれに準ずる賓客の宿泊や接遇に用いられる施設で、いまからちょうど40年前の1974年に、明治建築である赤坂離宮に大規模な改修工事を行ない落成した。初めて迎えた国賓は、この年11月に現職のアメリカ大統領として初めて来日した、ジェラルド・R・フォードである。

迎賓館赤坂離宮は、もともと明治時代末の1909年に、当時の皇太子(のちの大正天皇)の住む東宮御所として建てられたもので、多くの宮廷建築を手がけた片山東熊が設計した。だが、完成した宮殿に皇太子が住むことはなかった。一説には、明治天皇が「贅沢だ」と言ったからだともいわれる(片山はこれにショックを受けて死期を早めたとも伝えられる)。その後、明治天皇の崩御ののち大正天皇が宮城(皇居)に入るにともない、赤坂離宮と呼ばれるようになった。大正から昭和にかけては、新婚まもない昭和天皇がここを住まいとしたほか、さらに時代を下って、終戦直後のごく一時期には、疎開先から帰京した少年時代の皇太子(今上天皇)と、弟の義宮(現・常陸宮)が住んでいる。

あわせて読みたい

  • 東京オリンピックの裏伝説。芸術家たちはなぜ道路のゾーキンがけをしたのか

    東京オリンピックの裏伝説。芸術家たちはなぜ道路のゾーキンがけをしたのか

  • 東京オリンピックの伝説、日本女子バレーボール「東洋の魔女」の栄光と女工哀史

    東京オリンピックの伝説、日本女子バレーボール「東洋の魔女」の栄光と女工哀史

  • 『AKIRA』はなぜ2020年東京オリンピックを予告できたのか

    『AKIRA』はなぜ2020年東京オリンピックを予告できたのか

  • 丹下健三、丹下憲孝、岡本太郎、そして震災……解体間近、赤プリ物語

    丹下健三、丹下憲孝、岡本太郎、そして震災……解体間近、赤プリ物語

  • レビューの記事をもっと見る 2014年10月24日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら