bit

60歳で“発見”されたボサノヴァ・ミュージシャン「タクシーサウダージ」

“ほんのそこまでのつもりでいたのに ― 気ずいた時には 見知らぬ国 ― はるか地の果て さすらってたのに ― ふと立ち止まれば いつものここ”(1.『アベマリーア!』より/動画はこちら

10代の頃から20年以上も日本全国を放浪し、沖縄で2年ほど野宿生活をした時期もあった。ボサノヴァにのめり込んでは実際にブラジルまで出向き、サントゥールという打楽器に惚れてインドへも訪れた。そして40歳で故郷の埼玉県秩父市へと戻ってタクシードライバーとなり、今年の6月に60歳でCDデビュー……。
60歳で“発見”されたボサノヴァ・ミュージシャン「タクシーサウダージ」
長瀞渓谷で歌うタクシーサウダージ。タクシー運転手として勤務する際も車にギターを載せている

タクシーサウダージの1stアルバム『Ja-Bossa』は、そんな彼の人生の軌跡を思いおこさせるような『アベマリーア!』の上記の歌詞から始まる。「60歳にしてデビュー」と聞くと色物のような印象を持つ人もいるかもしれないが、その年輪を感じさせるように太く低く、かつ透き通るような歌声と、生々流転の儚さを歌うような歌詞に触れれば、“これは本物だ”と誰もが気づくだろう。

「ギターを弾き始めたのは高校生の頃で、3カ月くらいで作詞作曲も始めて。最初はジョルジュ・ムスタキというシンガーを好きになったんだけど、彼が歌う『三月の水』を聞いてから、ボサノヴァに惚れ込んだ。ミュージシャンになる気は特になかったけど、放浪中も音楽はずっと聞いていたし、ギターもよく弾いていたね」

“はじめは遠い海鳴り 穏やかな道たどれば ― いつか来た懐かしいあの浜辺 ― それがボサノバ探していた場所 ― 子供のように心裸で 夕凪のようなしずけさ ― 譜面の中に収まりきれない満ち溢れるほどのやさしさ”

あわせて読みたい

  • ドイツ最高齢の女性タクシー運転手が、自主引退

    ドイツ最高齢の女性タクシー運転手が、自主引退

  • 「新型インフルエンザで病院までタクシー」はアリか?

    「新型インフルエンザで病院までタクシー」はアリか?

  • タクシーに乗るとき、どこまで準備してますか

    タクシーに乗るとき、どこまで準備してますか

  • タクシーはどこまでも乗せてくれるのか?

    タクシーはどこまでも乗せてくれるのか?

  • コネタの記事をもっと見る 2014年11月15日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら