review

広がる手話と、閉じていく手話。『聲の形』最終巻を機に考えてみた

『聲の形』最終巻の7巻の122Pに、気になるシーンがあった。
耳の聞こえない少女・西宮が、少年・石田に手話で話すシーンだ。

スムーズに手話で会話できるようになった二人。石田は西宮に「何をやりたいと思ってるの、西宮は」と手話で聞く。
西宮はめちゃくちゃ悩む。
結果、彼女は右の指ではさみをつくり、左の指でクシを持つ手話をする。
一瞬、石田は意味がわからなくなり、間ができる。
同じ手話のポーズを取ってから、答える。
「ああー、この手話ってあれか! びようしな!」
なぜかここだけ、確認している。

このマンガで描かれる手話は、手話放送で使われているものとほぼ同じ。
早速、「びよういん」「りようし」の手話の表現。動画で確認してみた。
びよういん - 手話辞典
美容師 NHK手話CG
理容師 NHK手話CG
あれ、違うぞ?

「マンガの手話描写が間違っている」わけではない。
そもそも手話は、100%統一されてはいない。

NHKで放送されている「ろうを生きる 難聴を生きる」
ろうあの人たちがどう暮らしているかを記録した番組だ。

10月5日放送された「“ご当地手話”を伝えたい」の回。
ご当地だから、他の地域にない独特の言葉がある。さてどう伝えるか。
手話サークルのみんなで、新しい手話を作っていく様子が放映された。

例えば「土が肥える」という表現をどうするか。
通常は「土」「太る」と表現する。
しかし「土」「元気になる(活力がある)」と表現しても、伝わる。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク