野球漫画『グラゼニ』(原作・森高夕次、漫画・アダチケイジ)の連載が雑誌『モーニング』で始まったのが4年前のちょうど冬の頃。

神宮球場を本拠地にする球団の「左の中継ぎ投手」という、実際のプロ野球に当てはめてみてもちょっとマイナーな存在。それが本作の主人公、凡田夏之介だった。

連載開始当初の年俸が1800万円。
プロ8年目(当時)でこの金額は結構厳しい。

そこから4年が経ち、劇中では3年が経過。

球春を告げるプロ野球キャンプインにあわせるように、『グラゼニ』最終17巻と、新シリーズ『グラゼニ~東京ドーム編~』1巻が、同時発売された。

夏之介に限らず、二軍選手、若手解説者、球団職員、アナウンサー、スポーツ記者など、プロ野球周辺に生息するさまざまな人物を「お金」というものさしで描いてきた本作も、4年も続くと当初の斬新さが影を潜め、正直ちょっとマンネリ気味だった。

そこに来ての、まさかのポスティング&メジャー挑戦! かと思いきやのマイナー契約を経ての日本球界復帰と、丁寧にペナントの行方を描いてきたこれまでとは打って変わって、毎週のように状況が変わる激動のオフシーズンが最終17巻と新シリーズ1巻では描かれていく。

気がつけば夏之介は「球界屈指のセットアッパー」の座にまでのぼりつめ、年俸も出来高も含めれば1億円に達した。

1800万円→1億円。
これぞまさにプロ野球であり、人生の先の見えない面白さだ。

17巻で夏之介は、アメリカ球界挑戦で懇意にしてくれたメジャーのスター選手にこんな言葉を発する。