review

テレビに映る「日本」はまるで楽園のようだ。だが実情はどうなのか

テレビに映る「日本」はまるで楽園のようだ。だが実情はどうなのか
『境界の民 難民、遺民、抵抗者。国と国の境界線に立つ人々』安田峰俊・著/角川書店<br /> 在日難民2世、ウイグル人、台湾人、中国人と日本人のハーフなど、国と国の狭間を生きる人々を丁寧に取材したルポルタージュ。日本メディアの中国人への蔑視を嫌がるジャーナリスト志望の青年。台湾人留学生の日本への冷静な目。日本の右翼団体に翻弄されるウイグル独立運動。昨今あふれる「外国人から見た最高の日本」ブームに一石を投じる一冊。著者の、マイノリティを多角的に取り上げようとする繊細さも本書の魅力だ。
テレビをつけるといつも外国人から見た日本や日本人というテーマの番組が放送されている。実際、番組表を調べてみると、「YOUは何しに日本へ?」「ネプ&イモトの世界番付」「とっておき日本」「世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団」などなど、盛りだくさんだ。番組で繰り返し語られるのは日本の美しさや素晴らしさ。日本人は外国人から尊敬され、羨まれているという内容である。

テレビに映る「日本」は、まるで楽園のようだ。だが、その実情はどうなのだろうか。

中国・アジア事情に通じるノンフィクション作家・安田峰俊の新刊『境界の民 難民、遺民、抵抗者。国と国の境界線に立つ人々』は、国民国家体制の狭間で生きる人々を追ったルポルタージュである。本書の主人公たちは、在日難民2世、ウイグル人、台湾人、中国人と日本人のハーフたち。彼らは様々なかたちで日本や日本人と接点を持っており、その点で本書はよくあるマイノリティ・リポートと一線を画している。

たとえば、女子高生のミーさんは、ベトナム戦争後に資本主義側の日本へ亡命したベトナム人難民の2世だ。漫画『マギ』やボーカロイドが好きな、今時の普通の女の子だが、2ちゃんねるの「まとめサイト」をよく利用するうちに、ネット右翼のようになってしまったという。

「『2ちゃんねる』だけじゃなくてツイッターとか『ニコニコ動画』にも、『在日は特権を持ってるズルいやつ』って、いっぱい書いてるじゃないですか。でも、私たち二世にはそういう『特権』って何も無いので『在日だけズルい』みたいな気持ちになるんだと思います」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。