review

東大野球部の勝利を予言?コージィ城倉『ロクダイ』が描く大学野球、野球カースト

今年、連盟結成90周年という節目の年を迎えている東京六大学野球。

23日の試合では東大野球部が法政大を下して連敗を94でストップ。4年半ぶりに勝利を飾ったことが大きく報じられた。

その後、昨日までのリーグ戦で法政大に連敗を喫し、結局、13年ぶりの勝ち点獲得とはならなかった。だが、東大勝利のニュースで、久しぶりに「ロクダイ」の存在を思い出した人も多かったのではないだろうか。

だが、漫画の世界では一足早く、東大野球部の逆襲が始まっている。
東大野球部を描いた漫画『ロクダイ』。この春発売された一巻において、まるで予言のように「4年ぶりの1勝」が描かれているのだ。

東京六大学野球と東大野球部を描くこの『ロクダイ』の主人公は、東大野球部キャプテン、霧隠主将……野球漫画ファンであればこの主人公名でピンと来るだろう。『ロクダイ』は2000年代に人気を博した野球漫画『おれはキャプテン』の続編であり、作者はもちろん、コージィ城倉だ。

霧隠主将、デレック井慈田、そして蝦名富一。
『おれはキャプテン』を盛り上げた朋王三連星と、美少女野球部員・大州圭という4人の「甲子園組」が東大野球部に所属し、《“最高学府のバカ達”が“バカな事件”を起こす》ことが『ロクダイ』のテーマだ。

高校野球、プロ野球ばかりがテーマとなる「野球漫画」というジャンル。
その中において、敢えて今、大学野球、しかも東大野球部を描くあたりが、時代を読み抜くコージィ城倉らしい。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク