ドリームフェスティバル 最終日はバラエティに富んだ6組のステージ/ライブレポート

ドリームフェスティバル 最終日はバラエティに富んだ6組のステージ/ライブレポート
(C)テレビ朝日 ドリームフェスティバル 2014事務局
■テレビ朝日 ドリームフェスティバル 2014
3rd day
2014.10.13(MON)at 国立代々木第一体育館
(※画像48点)

THE King ALL STARS、ゴールデンボンバー、コブクロ、渋谷すばる、Spitz、miwa…最終日はバラエティに富んだ6組のステージ

“ドリフェス”3日目の10月13日(祝・月)は、台風の影響で開催が危ぶまれるくらいの状況だったが、会場の代々木第一体育館には1万1000人が集まり、無事に満員での開催となった。出演アーティストは、THE King ALL STARS、ゴールデンボンバー、コブクロ、渋谷すばる、Spitz、miwaとバラエティに富んだ6組。

トップバッターはmiwa。ロングヘアをツインテールにし、ふんわりとした茶色のワンピース姿で登場。「ミラクル」「It's you!」などを立て続けに歌う。タオルを頭上で回しながら、花道をスキップしたり、ステージをまんべんなく走る場面も。MCでは、「男子!」「女子!」「アリーナ!」「スタンド!」「全員!」とコール&レスポンスを繰り返して盛り上げる。最後は、「君に出会えたから」を歌い、次の出演者にバトンを渡した。

2組目はゴールデンボンバー。1曲目「元カレ殺ス」から、メンバーは演奏(?)しながらも、踊るなどのパフォーマンスをし、オーディエンスはヘッドバンキングするなど、会場はさっそくお祭り騒ぎに。MCでは、鬼龍院翔(Vo.)が「出させていただき、ありがとうございます!」と土下座をし、笑いを誘った。そのほか「いろんな振付があるのですが、無視していただいて結構です。無理せず楽しんでください」と、初見のオーディエンスにも配慮をする場面も。その後も、彼らの世界観が全開となったパフォーマンスが続く。3曲目「抱きしめてシュヴァルツ」を歌っている最中には、喜矢武豊(Gt.)が、高下駄を履き、コブクロの黒田俊介の物まねをして登場。途中からコブクロの「桜」を熱唱するというパフォーマンスに「コブクロのファンの皆様、本当にすみません」と、再び、鬼龍院翔(Vo.)が土下座をすることに。彼らの代表曲「女々しくて」では、お祭り騒ぎは最高潮。オーディエンスからは、この曲を待っていましたー!という雰囲気が感じ取れた。メンバーも歌って踊って、楽器を演奏し(?)、ボケて、走って、着替えて。“全力でやる”とは、まさにこのこと。カオスなパフォーマンスも盛りこんだ演出は、彼らにしかできないステージだった。

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2014年10月18日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ゴールデンボンバー + 曲」のおすすめ記事

「ゴールデンボンバー + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

「ゴールデンボンバー + ライブ」のおすすめ記事

「ゴールデンボンバー + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「スキマスイッチ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。