SCANDAL グラミー賞受賞の名エンジニアとタッグを組んだ新作『Stamp!』/インタビュー

――“それくらい”のスケールがすごいですけど(笑)。

MAMI:(笑)。メキシコは初めてだったけど、人も街もすごく楽しくて、明るくて、パッションの国だった。ずっとスマイルだしね。ライブ中もサッカー観戦してるみたいな盛り上がりで歌ってくれるけど、聴くとこはちゃんと聴いてくれて。(メキシコに行った5月は自分とTOMOMIが)誕生日だったてこともあって、メキシコのバースデーソングを会場にいた2000人のみんなが歌ってくれました。

RINA:3拍子で、4分ぐらいあった(笑)。

TOMOMI:メキシカンは全員歌える、伝統的な曲らしいです。

HARUNA:でもこっちは、ろうそくの火をどのタイミングで消したらいいかわからないっていう(笑)。

SCANDAL グラミー賞受賞の名エンジニアとタッグを組んだ新作『Stamp!』/インタビュー

――(笑)。フランスやアメリカなど、久しぶりに行く国はどんな反応でした?

RINA:自分たちが思ってた以上に新しいお客さんが多かった。以前のアニメの主題歌で知ってくれてたというよりは、最新の曲のミュージック・ビデオを見て好きになったとか、割と今の自分たちを知ってくれてる人が多くてびっくりやった。

HARUNA:嬉しかったね。

RINA:「Departure」とか「Image」とか「お願いナビゲーション」とか、そのあたりが好評で。

MAMI:「Departure」は特にだけど、和メロで日本人の景色とか日本人の心を歌ってるのに、それがキャッチーだって思って聴いてくれているみたいなんです。自分たちで作詞作曲して世に出した1枚目っていうのを知ってくれてというのもあるだろうけど、そういう反応があるからこそ、改めてちゃんと自分たちで作らなきゃいけないなとも思ったし、自信にもなった。とにかくいろんな発見があったんですよね。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク