review

『「いき」の構造』の哲学者・九鬼周造は日本語ラップの出発点だったYO!

『「いき」の構造』という論文がある(講談社学術文庫岩波文庫角川ソフィア文庫同Kindle青空文庫))。
『「いき」の構造』の哲学者・九鬼周造は日本語ラップの出発点だったYO!
九鬼周造『「いき」の構造』(藤田正勝註、講談社学術文庫)。800円+税。

〈いき〉(粋、クール)は
・〈媚態〉
・〈意気地〉
・〈諦め〉
の3要素から構成されている、と主張した論文だ。

〈諦め〉が入っているのがいい。カッコイイ。
手放す、委ねる、固執しない、押しつけない、それが〈いき〉なのだ。
書いたのは哲学者・九鬼周造(1888-1941)。とてもかっこいい人だ。

「いき」を知る江戸っ子


九鬼周造は江戸っ子だ。父は貴族。
周造がおなかにいるとき、母は美術史家・思想家の岡倉天心(1863-1913)と恋愛関係となり、出産後に離縁されている。
幼い周造は、天心が自分のほんとうの父なのではないかと思っていたという。

ドイツとフランスに学び、ベルクソンと交流、ハイデガーに師事、若きサルトルを家庭教師に雇ってフランス語を学んだともいわれる。
またドイツ語Existenz(仏語・英語のexistence)を「実存」と訳すのは、九鬼が定着させたことらしい。

帰国後、京都大学で教鞭を執る。西田幾多郎とともに「京都学派」のスター的存在となった。
主著『偶然性の問題』をはじめ、「偶然」とか「めぐり逢い」を生涯重視しつづけたのも、とても垢抜けた姿勢だった。
『「いき」の構造』の哲学者・九鬼周造は日本語ラップの出発点だったYO!
九鬼周造『偶然性の問題』(岩波文庫)。1,140円+税。

母が花柳界の出身だったことと関係あるのかどうかはわからないが、九鬼周造は深川や祇園での遊びや俗曲によく通じていた。
長身でお洒落、お金持ちの遊び人、そして亡き母を心のどこかで追いかけている、寂しさを帯びた人。

あわせて読みたい

  • 「無関心」について哲学カフェで考えた

    「無関心」について哲学カフェで考えた

  • 言語こそが事実を語れなくしている

    言語こそが事実を語れなくしている

  • 有吉弘行がニーチェを全否定! その一方で、太田プロへの愛を隠せない

    有吉弘行がニーチェを全否定! その一方で、太田プロへの愛を隠せない

  • レビューの記事をもっと見る 2015年7月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら