GACKT 自分が男として、大人として、いかに成長できているか?が重要/インタビュー

 
GACKT 自分が男として、大人として、いかに成長できているか?が重要/インタビュー

■New Single『ARROW』インタビュー(2/3)

――インタビュー1より

ちょっと前を走っている自分が「オマエはそこで終わるのか?」って常に言うから、負けたくない

――それにしても、今回の曲は、歌の表現がいつにも増してすごかったです。決意を感じさせるパートがあったかと思えば、鎮魂の想いが滲んだり、挑発的だったり。一体どうしたらこんなふうに歌えるのでしょうか?

GACKT:……その質問、何? (自らを指さしながら)歌手、歌手!(笑)

――失礼しました(笑)。と言いましても、やはり、どんどん表現の幅が広がっていますよね?

GACKT:そりゃあ、挑戦してるからさ。自分の歌の技術を上げるためのチャレンジもしているし。色気というのは、自分の日常生活から出てくるものだし。自分が男として、大人として、いかに成長できているか?が重要。それが色気に絶対繋がる。若さという部分においては、若いヤツとその点だけで普通に勝負しても、勝てないよ。でも、例えば体力やスタミナという部分では補えるから、そこでは勝負できる。技術というところでは、今二十歳の子とボクを比べた時に……ボクは歌を3つの時からやっているから、もう40年ぐらいやっているわけだよね? それで負けちゃダメでしょ。誰にも追いつけない技術を手に入れるための努力は、当たり前にするわけで。こんなことを自分で言うのはこっ恥ずかしい話だけども、ボクの歌の特徴は何ですか?と訊かれたら、まずは、誰にも負けない圧倒的な歌唱力。エフェクターでは再現できないようなことも含めて、全てを技術で補えるだけのテクニックがある。そう臆面もなく自分で言えるのは、それが“ある”と認識してやっているからなんだ。収録した歌とまったく同じように歌うことがボクにはできる。どこでどんなテクニックを使ってこの歌を表現しているか?ということを、自分で考えてやっているからさ。それは、「ただ気持ち良く歌えればいいや」じゃなくて、どこに何が必要か?ということを感じながらアプローチしているってことなんだ。その行為がすべて集約されて“歌”になるわけで。それを創った後でさらに、今度はその歌と同じように安定して歌えるよう、また練習するし。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース