ドレスコード“ディズニー”の幕張2日目、暗黒女王“マレフィセント”HYDEの大迫力!

そんな中、『ナイトメア・ビフォー・クリスマス』のジャックに扮したある人物が颯爽と登場。その抜群のスタイルですぐに逹瑯(MUCC)だと見破った会場から歓声が飛ぶ中、アニメソング「ガッチャマン」を熱唱。ユニークなサプライズで会場を沸かせた。また、MCやまだとの掛け合いでは、前日の公演で「逹瑯がAnisに見惚れていた」とTwitterに投稿されていた、などの振り返りトークで自由に盛り上がった。

19時23分ごろ、いよいよVAMPSの登場。荘厳なパイプオルガンの音に乗せて、メンバーを乗せた馬車が通路を移動し、ランウェイへと辿り着くと、順にメインステージへと歩いて行く。『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウに扮したK.A.Zは、強い目力と男らしい髭が際立ち、いつにも増して煽情的な佇まいだ。幕が上がり、ステージ中央で「HALLOWEEN PARTY」ジャズバージョンをセクシーな声色で歌い始めたHYDEは、『眠れる森の美女』の暗黒女王・マレフィセントの仮装姿。マキシ丈の真っ黒な衣装と大きくひねり上げられた髪の束、黒く囲まれた鋭い目元…そのハッとするほどゴージャスな姿に、会場のざわめきがなかなか収まらない。

ニュー・アルバム『BLOODSUCKERS』収録のサイバーメタル・ナンバー「EVIL」が始まると、HYDEは悠然とランウェイを歩き始める。両手を広げてレースの美しい透かし模様を露わにしながら、ランウェイ中央に辿り着いてステッキを持った手を下ろすと、いくつもの炎に取り囲まれながら歌唱。サビで「God is me!」と声を張り上げる箇所で勢いよく炎が噴き出た場面の説得力たるや…! 最後の咆哮には大拍手が鳴り響いて、会場は興奮状態に包まれた。...続きを読む

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2014年10月30日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース