三代目、西野カナ、秦基博ら、極上の歌声で魅了したドリフェス2日目/ライブレポート
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

■【~5th Anniversary~ テレビ朝日ドリームフェスティバル2015】ライブレポート
2015.11.22(SUN)at 国立代々木競技場第一体育館
(※画像6点)

最高の盛り上がりで3日目へ

【~5th Anniversary~ テレビ朝日ドリームフェスティバル2015】の2日目。出演はback number、秦基博、西野カナ、星野源、槇原敬之、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの6組。この日も会場は満席だ。MCを務めるテレビ朝日の弘中綾香アナウンサーと田中萌アナウンサー、“ドリフェス応援団長”を務めるマスコットキャラクターのゴーちゃんがステージに登場し、コール&レスポンスの練習などで会場を温めた後にライブがスタートした。

三代目、西野カナ、秦基博ら、極上の歌声で魅了したドリフェス2日目/ライブレポート
back number

トップバッターは10代から20代にかけての若い層に特に人気の高いロックバンド、back number。ボーカル&ギターの清水依与吏の「行くぞ!」という掛け声とともに代表曲の一つである「高嶺の花子さん」を演奏し、一気に自分たちのペースにオーディエンスを巻き込んで行く。「ふくらはぎの調子はどう? 今日のためにバネを溜めてきたんでしょう? いい跳躍を見たい!」と煽り、「SISTER」、「花束」を畳み掛ける。そして「新曲を持ってきました」と言って、現在放送中のドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)の主題歌「クリスマスソング」を披露。まさにこれからの季節にぴったりの曲に、観客たちも聴き惚れていた。歌い終わった後、「ライブ初披露だったので、見えてなかったと思うけど、2番の時にちょっと心臓が口から出てました」と、緊張していたことを伝えると、客席に笑いが溢れて和やかなムードに。そして後半は「ここからまたふくらはぎゾーンだよ! 跳べる人は跳んでね」と「青い春」と「スーパースターになったら」で再び会場の温度を上げて終了した。