review

元ハロプロアイドルと人気声優たちが聖夜に朗読劇

12月24日(木)の夜、実力派声優3人と元ハロプロアイドルによる一夜限りの朗読劇「年年歳歳」が「座・高円寺2」で上演される。
主人公の中学生みずき役は、ハロプロの人気グループ「Juice=Juice」の元メンバー大塚愛菜。みずきに冷たく当たる母親のかえでを、「Yes!プリキュア5」キュアドリーム(夢原のぞみ)をはじめ幅広いキャラクターを演じてきた三瓶由布子。娘のみずきと仲の良い優しい父親を、「Charlotte」高城丈士朗など印象的なキャラクターを数多く演じている水島大宙。そして、そんな3人が暮らす家に引っ越して来て、家族の驚くべき現実を知ることになる従姉妹のあおいを、『たまゆら〜卒業写真〜』桜田麻音役などで人気の儀武ゆう子が演じる。
初顔合わせとなった初日稽古の後、出演者の4人に、クリスマスイブの公演に向けての思いなどを聞いた。
元ハロプロアイドルと人気声優たちが聖夜に朗読劇
左から、儀武ゆう子(あおい役)、水島大宙(修一役)、大塚愛菜(みずき役)、三瓶由布子(かえで役)

──皆さんは今日初めて顔を揃えたということですが、どういった経緯でこの4人での朗読劇をすることになったのですか?
儀武 最初のところは、プロデューサーの冨江(洋平)さんから話してもらった方が良いのかな?
冨江 そうですね。僕は去年から舞台と映画のプロデュースを何本かしているんですけど。次は朗読劇をやりたい。それも実力のある声優さんたちの朗読劇をやりたい…というか、自分が観たいと思ったんです。それもクリスマスイブの公演にするのも決めていました。そこで、以前から映画で何度かご一緒したことがあって、映画「1リットルの涙」の脚本も書かれた田中貴大さんと相談して、クリスマスに合うハートフルなお話として、この「年年歳歳」をやることになったんです。最初、主人公のみずき役には子役を使おうと思っていたのですが、前の舞台でご一緒した大塚さんが見た目も声質もみずきにぴったりだと思って、お願いすることにしました。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2015年12月16日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース