■【HALLOWEEN PARTY 2015】ライブレポート
2015.10.18(SUN) at 神戸ワールド記念ホール
(※画像26点)

HYDE・kyoの2大ヴォーカルによる鳥肌ものの豪華コラボも

VAMPS主宰のハロウィンイベント『HALLOWEEN PARTY 2015』。毎年、出演者をはじめ、参加者の仮装が本気すぎると大きな話題になる本イベントの神戸公演初日は、VAMPSが首つり状態でステージの頭上に現れるというショッキングな演出が観客を騒然とさせた。「どんなことをやったらファンのみんなが楽しんでくれるだろうか、驚いてくれるだろうか」というメンバーの本イベントへの並々ならぬ想いが具現化したステージだった。

その神戸公演2日目。トップバッターをつとめるのは、『HALLOWEEN PARTY 2015』5日間フル出場のBREAKERZだ。前日、某携帯電話会社のCMでおなじみの“三太郎”に扮した3人。この日は『モンスターハンター』のキャラクターに仮装し、ステージ後方からフロートで登場した。なんでも、DAIGOが同ゲームのCMイメージキャラクターを担当している関係で、ゲーム会社『CAPCOM』から借りてきた、“オフィシャル”の衣装なのだとか。前日、段ボールで作ったエヴァンゲリオンに扮した、ゴールデンボンバーの喜矢武豊に聞かせてやりたいエピソードだ(笑)。

『モンスターハンター』での戦闘シーンを再現しながら武器を楽器に持ち替えた3人は、1曲目に新曲の「YAIBA」をプレイ。そして、彼らの持ち味の一つである、骨太で疾走感あふれるギターサウンドに、DAIGOの全力のステージングで「NO SEX NO LIFE」、「神戸のみんな、HMI! ハロウィン(H) 盛り上がって(M) 行こうぜ!(I)」と「WE GO」を聞かせた。