RADWIMPS 10周年の集大成ライブは“はじまりはじまり”/レポート・セトリ

 
RADWIMPS 10周年の集大成ライブは“はじまりはじまり”/レポート・セトリ

■RADWIMPS/【10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり】ライブレポート
2015.12.23(WED)at 幕張メッセ国際展示場4~6ホール
(※画像11点)

10周年の集大成は、3万人に感謝を捧げた幕張ライブ

10th ANNIVERSARY TOURのファイナルに付けられたタイトルは“RADWIMPSのはじまりはじまり”。10月のアジア・ヨーロッパツアー、11月の対バンツアーの流れを受け、10周年の集大成であるとともに次の新たな息吹に向けての節目となるライブを開催した。

RADWIMPS 10周年の集大成ライブは“はじまりはじまり”/レポート・セトリ

オープニングSEに続き、会場の天井に光の粒が星空を映し出し、満天の星がそこに現れる。歌詞に描かれた世界のままに、息を飲むような演出の「トレモロ」でライブは始まった。そこから一気に、「ます。」「透明人間18号」と熱気を高めていく。

「今年、もう残り何にも(スケジュール)無えからさ、ウチら。全部出します、ここで。3万人もいるんだって、今日。3万人が本気になったら、すげえこと起きそうじゃね?起こしてみっか?今日は最後までよろしく!」(野田洋次郎)

RADWIMPS 10周年の集大成ライブは“はじまりはじまり”/レポート・セトリ

RADWIMPS 10周年の集大成ライブは“はじまりはじまり”/レポート・セトリ

「遠恋」ではベースの武田祐介とギターの桑原彰がソロバトルを繰り広げ、そこに(休養中のドラムの山口智史に代わって参加している)サポートドラマー2人も加わり、白熱の楽器バトルが展開される。そして、骨太なファンクビートを奏でる「ヒキコモリロリン」に続き、野田洋次郎が弾き語りで歌い始めたのは、なんと「もしも」だった。彼らのライブでは、アンコールを求めて観客が合唱することで知られるナンバーだが、実際にライブで披露されることは稀だ。サビでは声を振り絞るような大合唱が沸き起こり、メモリアルなライブでしか耳にできないこの曲を浴びる至福の時間を3万人が味わった。...続きを読む

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2016年1月14日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース