review

俺は釣りキチ松方弘樹だ、これが人生だ『松方弘樹の世界を釣った日々』

誰の心の中にもそれぞれの松方弘樹がいる。
「仁義なき戦い」の坂井鉄也だよ、という人がいれば、「県警対組織暴力」の広谷賢次、という人もいるだろう。いやいやなんといっても「修羅の群れ」が、というあなた。そうだよね、若山富三郎・鶴田浩二という東映二枚看板を脇に回しての主演で、松方自身が「一番思い入れの深い作品」と語るぐらいだもんね。
俺は釣りキチ松方弘樹だ、これが人生だ『松方弘樹の世界を釣った日々』

私の場合は子供のころ東京12チャンネル(まだテレビ東京じゃなかった)で観た「大江戸捜査網」の隠密同心・左文字右京が最初に認識した松方弘樹だった。やけに凄みのある眼をした人だ、と思ったっけ。私よりも歳下だと、もう強面俳優の松方じゃなくて「天才たけしの元気が出るテレビ」の「松方部長」だったという人もいるかもしれない。色が黒くてやたらと高い声で笑う部長。
そして、仁侠映画や時代劇が下火になった現在でも、「マグロの人」として松方弘樹は若い視聴者の心の中に住みついている。
ほら、みんなの心の中に住んでいるでしょ?

竿を握らしゃ日本一の


新刊『松方弘樹の世界を釣った日々』は、その松方が自身の釣り人生について振り返った滅法おもしろい半生記だ。松方には『松方弘樹の泣いた笑ったメチャクチャ愛した』(日之出出版。1989年)という著書があるが、ここまで釣りという趣味に特化して自身を語ったことはなかったはずだ。
何しろ自ら代表作と胸を張る「修羅の群れ」にしても本書によれば、当時カジキ釣りに凝っていたため、先輩俳優たちに頭を下げまくってクランクイン後の時期に撮影所を抜け出し、釣り大会に参加していたというのである。それもハワイ島・コナで行われるHIBT(Hawaiian International Billfish Tournament)と東京ビルフィッシュ・トーナメント(現・JIBT)の2つに。HIBTはあの矢口高雄『釣りキチ三平』でもシリーズ最長の「ハワイのブルーマーリン」編の題材になった有名な大会だが、本書によれば松方はこの第29回で優勝トロフィーを手にしている。しかも最初にカジキを釣り上げた賞と、最多のカジキを釣ったチームに贈られる賞とあわせて三冠の栄誉に輝いたのだという。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2016年3月14日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース