『BRUTUS』(マガジンハウス)最新号(No.821)の特集は「BIZARRE PLANTS HANDBOOK 2 まだまだ珍奇植物。モードな園芸2016 開幕編。」
衝撃!珍奇植物「BRUTUS」キテレツ造形に再びマニア悶絶

これは、昨年(2015年)9月に出た珍奇植物特集の第2弾にあたる(第1弾レビュー)。

マニアの欲望に火をつける、キテレツな“造形の美”


なにゆえ、お前はそんな姿をしているのか?

思わずそんな言葉をかけてしまいたくなるのが、BIZARRE PLANTS(珍奇植物)である。あるものは奇妙にねじれ、あるものは錆びた鉄のような質感を持ち、あるものはまるで怪獣のような姿……。そのへんちくりんで、見るほどに味わい深い姿に夢中になる好事家は少なくない。私も、ささやかながら気に入ったものを見つけたら、時たま購入している者の1人だ。

本特集の扉ページでは、珍奇植物への欲望が以下のように説明される。

部屋にグリーンを置きたいなんて曖昧模糊とした想いではなく、コレ欲しい! と一度思ったら何が何でも手に入れたくなる欲望。そんな極めてエゴ丸出しの趣味世界。同じ素敵なグリーンライフでも癒されない方の担当(後略)。

多肉植物専門店などに行けば、静かに、しかし熱い眼差しでお目当ての品をためつすがめつする珍奇植物愛好者の姿を見ることができるはずだ。確かにマニアックな世界である。しかし、そのキテレツな造形美を目の当たりにすれば、所有欲をくすぐられる方も少なくないのではなかろうか。