review

入社入学1か月。キャラが定まらない新入社員・新入生に効く「わが西遊記」

池澤夏樹=個人編集《日本文学全集》(河出書房新社)第16回(第2期第3回)配本は、第16巻『宮沢賢治 中島敦』
入社入学1か月。キャラが定まらない新入社員・新入生に効く「わが西遊記」
池澤夏樹=個人編集《日本文学全集》16『宮澤賢治 中島敦』(河出書房新社)。年譜=栗原敦+山下真史、月報=夢枕獏+古川日出男、帯写真=川島小鳥。2,900円+税。

結核で死を覚悟したあとの透明感


本集で宮沢賢治の詩業から選んだ部分の核となるのが「疾中」。戦前からその存在は知られていたが、全貌が明らかになったのは死後20年以上たった1956年の筑摩書房版全集から。

本集で底本としているのは1995年に同社から出た《新校本》全集であり、先に挙げた(1927?)(同ちくま文庫版とは、冒頭2篇とラスト2篇以外は配列が異なっていて、前半に口語詩、後半に文語詩が置かれている。
入社入学1か月。キャラが定まらない新入社員・新入生に効く「わが西遊記」

「疾中」には1933年の肺疾患療養中の境涯が反映されているという。いまでも結核では年間2,100人くらい亡くなっているというが、戦前はこの病が日本人の死因の上位にあった。

本全集収録作家では樋口一葉堀辰雄が肺疾患で命を落とし、福永武彦も若いころ胸膜炎で死を覚悟した。
夭折の文学者の代表格である正岡子規、梶井基次郎、中原中也も死因は結核性の病だ(子規は脊椎、中原は脳に菌が回った)。本巻所収の中島敦が気管支喘息で夭折したことも考えあわせると、呼吸器疾患が近代人の死生観に多大な影響を与えたことがわかる。

「疾中」のなかの「眼にて云ふ」はこのように始まる。

だめでせう
とまりませんな
がぶがぶ湧いてゐるですからな
ゆふべからねむらず血も出つづけなもんですから
そこらは青くしんしんとして
どうも間もなく死にさうです

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース