5月24日(火)、六本木ニコファーレにて、THE ALFEE 高見沢俊彦とX JAPAN YOSHIKIが約20年ぶりにメディア共演を果たした。これは、ニコニコチャンネル内『YOSHIKI CHANNEL』に高見沢がゲスト出演し実現したもので、対談の模様が生放送された。

数十年来にわたり、日本の音楽シーンを牽引し続けて来た2人。久々の共演に、トークは大いに盛り上がりを見せ、普段なかなか聞くことのできないミュージシャンならではの話や意外なエピソードに、視聴者から多くのコメントが寄せられた。

高見沢は今回ニコ生初登場で、視聴者から寄せられる「888888」の文字が拍手の音「パチパチパチパチ」を意味していることをYOSHIKIに説明をしてもらうところからスタート。「2人の出会い」「楽器・機材に対する美学」「メンバーとの絆」などをテーマにトークを展開した。

二十数年前に2人でF1を観戦しに行ったこともあるそうで、東京駅で時間を決めて待ち合わせ、「たまたま全く同じコートを着てきてしまったことで、傍からみたらカップルみたいだった」と当時のエピソードを披露し、笑いを誘った。

さらに、同じくF1をたまたま観戦していたTHE ALFEEの桜井が「高見沢が外国人の女性を連れてきた…と思って一瞬気まずい思いをした」というエピソードも。

「楽器・機材に対する美学」というテーマでも、高見沢オリジナルのエンジェルギターやヴィンテージギターを紹介、そしてYOSHIKIのオリジナルクリスタルピアノ、クリスタルドラムの話にもおよび、楽器1つを取っても独特の美学も持つ2人であった。