review

「山田くんの座布団、実は自前説」不確かな「笑点」50年目トリビアを追う

       
ここで50周年を記念いたしまして、なぞかけをひとつ。
「『笑点』とかけまして、唐辛子と解きます」そのこころは……
「七色の味わいです」
あっ!山田忘れた!
(『笑点五〇年史 1966-2016』前口上:桂歌丸)

1966年の放送開始以来、今年で50年を迎えた『笑点』(日本テレビ系)。メモリアルイヤーを祝うべく「笑点 放送50周年特別記念展」が開かれるなど、これまでの『笑点』を振り返る動きも出てきた。

しかし、さすがに半世紀も経つと「記録に残っていない」「誰も覚えていない」「みんな言ってることが違う」という出来事も起きる。そこで『笑点五〇年史 1966-2016』から「真相が不明のままの笑点トリビア」をピックアップしてみた。
「山田くんの座布団、実は自前説」不確かな「笑点」50年目トリビアを追う
『笑点五〇年史 1966-2016』 (ぴあMOOK) 。表紙は歌丸司会の笑点メンバーだが、新メンバー・林家三平のインタビューも収録されている。新メンバー内定時には「海老名家は口が軽いから、身内にも喋らないように」と箝口令がしかれたそう。生放送当日も「NHKに行く」と言って家を出ている。

誰が「座布団システム」を考えたかわからない


『笑点』には前身となる番組がある。立川談志が企画を持ち込み、1965年3月にスタートした『金曜夜席』だ。演芸と大喜利を柱とした構成や、高座を模したセット、大喜利コーナーでの「いい答えには座布団をあげ、10枚たまったらご褒美」というシステムもこの当時にできあがっている。50年間、基本コンセプトは全くブレていない。

さて、この座布団をあげるシステム、誰が考えたのかがはっきりしていない。『金曜夜席』のプロデューサーだった小暮美雄氏が「寄席で演者ごとに座布団を裏返す所作にヒントを得た」というのがスタッフの間では通説。一方、大喜利をメインに構成したのは談志のアイデアであり、座布団のシステムも談志は「自ら考えた」と語っていたそうだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。