遊助 「愛して愛して」はcrewを思い浮かべて歌うと幸せな気持ちになる/インタビュー2

 
遊助 「愛して愛して」はcrewを思い浮かべて歌うと幸せな気持ちになる/インタビュー2
撮影/中村泰介

■遊助/New Single『凛』インタビュー(2/4)

――インタビュー1より

「KNIGHT」はcrewの期待以上のものを見せてやるんだって、パフォーマーたちを鼓舞させていくイメージも

――「凜」というタイトルはどこから着想したんですか?

遊助:ニュアンス(笑)。

――んはははは! タイトルとは真逆にボンヤリしてますね(笑)。

遊助:あはは。でもなんか、ちゃんと待っていてくれるというか、そこに凛としていてくれるっていう感じから、「凜」っていう言葉が出てきたの。ぶれないでそこにいてくれるというか。

――この曲をどんなときに聴いてほしいですか?
遊助:疲れてるときとか、うまくいかないことが続いたときに聴いてほしいな。そういうときに寄り添ってくれるというか、支えになってくれるような曲であってほしい。聴く人を応援っていうんじゃなく、聴く人が寄りかかれるような曲になってほしいと思ってます。

――2曲目「愛して愛して」はどんなキッカケで書いたんですか?

遊助:スタッフに「どストライクの、超幸せっていうラブソングを書いてみたら?」って言われて。最初は戸惑ったんだけど、誰かに言われないと取り組まないテーマだと思ったから「じゃあ、わかった。挑戦してみる」って。

――たしかにこういうテーマの曲は今まであまりなかったですよね。

遊助:だから最初は恥ずかしかったよ。照れたもん(笑)。同じラブソングでも「お前のことが大好きだ」とか「守っていくからな」っていう曲は仲間にも言えることだから堂々と歌えるんだけど、「ボク、本当に幸せなんですけど」って、ある意味「知らんがな」っていう曲だから(笑)。そんなの出していいのかな?と思ったし、最初は「どういう感じで書けばいいんだろ?」って悩んだんだけど、書いてるうちに楽しくなってきた(笑)。歌ってても、こういう曲って芝居と一緒で、歌い終わったときに笑ってたもん。
遊助 「愛して愛して」はcrewを思い浮かべて歌うと幸せな気持ちになる/インタビュー2
撮影/中村泰介

――歌詞のハッピー感が本人にも伝染した。

遊助:そう。狂気的な役をやったときはカットがかかっても鼻息が荒かったりするのね。やんちゃな役をやってるときは「いつもよりガニ股になってねぇか?」って思うの。気が弱い役のときは背中が丸まってたりする。それと同じで、こんな幸せな曲を歌い終わったあとは、(録音)ブースを出たときにニコニコしてたもん。気持ち悪いくらいニヤケてた(笑)。

――でも、自分だけが幸せ気分に浸っているんじゃなく、相手からの愛を実感しているぶん、あなたをより愛しますっていう曲になってますよね。とても相思相愛な関係が描かれてる。

遊助:それはライブに足を運んでくれるcrewにも思うことだからね。「どうして? こんな俺でいいの?」みたいな(笑)。そう思いながら歌っていると幸せな気持ちになるんだよね。

――続く「KNIGHT」もcrewに向けた曲ですか?

遊助:そうだね。「おし、みんな攻めてくぞ!」みたいな。ライブ前の「かっとばせー、遊助!」って声は楽屋に聞こえてるからね。それを聞きながら「まだだ、まだだ、まだだ」って徐々にテンションを高めていって、「よし、さあ行くぞ、お前ら!」っていうときの気持ちだよね。

――crewを煽る曲であると同時に、パフォーマーやダンサー、舞台裏のスタッフに向けて歌っているようにも思いました。

遊助:たしかに。crewの期待以上のものを見せてやるんだって、パフォーマーたちを鼓舞させていくイメージもあった。そういうときの気持ちを西洋の騎士が馬に乗って戦いにいくときのイメージに重ね合わせて書いたんだよね。「突撃~!」みたいな(笑)。
遊助 「愛して愛して」はcrewを思い浮かべて歌うと幸せな気持ちになる/インタビュー2

――まあ、そのときの実際の格好は、浦島太郎なんですけどね(笑)。

遊助:そう(笑)。格好は浦島だけど、曲の気持ちや世界観は西洋の騎士っていう。

――「恵みの雲」は通常盤にしか入りませんが、晴れでも雨でもなく、曇りに着眼したところがユニークだし、遊助さんらしい曲だなと思いました。

遊助:これもツアー中に書いた曲で、どこかからの帰りに飛行機から雲を見て、雲って可哀想だなと思ったの。太陽の恵みって言われるし、雨が降ったら恵みの雨って言われるのに、全然、雲は恵みって言ってくれねぇじゃんと思って。天気は大体、晴れか曇りか雨じゃん。なのに、こいつだけ全然フィーチャーされてない。俺が雲だったら拗ねてると思って(笑)、こんな言葉はないけど俺がつけてやると思って「恵みの雲」って付けたの。

――で、雲や曇りの日のいいところ探しをして書いていったと。

遊助:そしたら結構出てきた。というか、曇りがなかったら大変だから。晴れと雨しかなかったら心が落ち着かないと思う。激しいじゃん、0か100だもん。

――そもそも雲があるから太陽の恵みを感じるわけだし。

遊助:そうなんだよね。だから、もっと喜べやっていう。これを作って以降、曇りの日でも「あぁ、良かった」って思うように心掛けてます。

――インタビュー3へ




≪リリース情報≫
New Single
『凛』
2016.11.16リリース

【初回生産限定盤A】CD+DVD
SRCL-9201~02 / ¥1,713(税抜)

【初回生産限定盤B】CD+DVD
SRCL-9203~04 / ¥1,713(税抜)

【通常盤】CD
SRCL-9205 / ¥1,204(税抜)

※初回仕様:トレーディングカード4種のうち1種ランダム封入

遊助 オフィシャルサイト
遊助 掲載記事一覧
エキサイトミュージック インタビュー掲載記事一覧
excite music official Twitter
excite music official Facebook
excite music official YouTube channel

あわせて読みたい

  • ニキビにお悩みのあなたに! 遊助が教える優れものニキビケア用品/インタビュー4

    ニキビにお悩みのあなたに! 遊助が教える優れものニキビケア用品/インタビュー4

  • 遊助 ニューシングル『凛』 撮り下ろし写真/画像ギャラリー

    遊助 ニューシングル『凛』 撮り下ろし写真/画像ギャラリー

  • 遊助 新曲「凛」は応援ソングではなく、聴く人が寄りかかれるような曲/インタビュー1

    遊助 新曲「凛」は応援ソングではなく、聴く人が寄りかかれるような曲/インタビュー1

  • 遊助 「上地雄輔」を意識せずに作ったアルバム『あの・・こっからが楽しんですケド。』/インタビュー1

    遊助 「上地雄輔」を意識せずに作ったアルバム『あの・・こっからが楽しんですケド。』/インタビュー1

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2016年11月15日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース