カップル共同アプリに女性から辛辣意見「やろうと言われたら別れる」


上記のイラストの展開後、「流しそうめん」レベルの速さで別れたこの彼(当時28歳)がやりたがった「カップル共有アプリ」……。30歳間近の筆者は、そのアプリの正直どうでもいい質問に回答しながら、彼に対する愛情を確認するのに必死でした。

あれはカップル"両者"がノリノリでやるからこそ盛り上がるもの。完全なマイナス感情の中で彼の好きな「家庭の味」を知ったところで、「ふむふむ肉じゃが新発見」などと感じた記憶はありません。というか彼のその回答を閲覧した記憶がありません。というか記憶がありません。

ひっかかるのは小学生の「サイン帳」テンション!


カップル共同アプリに女性から辛辣意見「やろうと言われたら別れる」


ただ実は、こういうの記入するのは好きなのです。小学生の頃、クラスの女の子から渡された方もいるのではないでしょうか、「サイン帳」。
「私の誕生日は〇〇で、血液型は〇型。趣味は〇〇だよ! 今好きな人が(いる・いない)よ! その人のイニシャルは〇.〇だよ!」という具合に穴埋め式にプロフィールを入力していく紙です。あれ、女子向けのデザインのものしか見たことがないので、やはり女子はああいうの記入するのが好きなのではないかと思うのです。
「カップル共有アプリ」で私が一番引いたのは、その「サイン帳」に似たテンション……。プリクラの機械のような口調で話し掛けてきます。そのテンションを前に、子供じみた質問はもちろん、自分の好きなものを答えるだけでも大いなる抵抗がありました。入力することにワクワクはしたのですが、それを恋人と共有することは嫌でした。いい歳した男女が小学生みたいなことをしているとしか思えなかったのです。