review

天皇とSMAPをつなぐ。60年前の青春小説『孤獨の人』を読む

驚かされることの多かった一年だった。7月には今上天皇が「生前退位」の意向を示したと報じられ、一時は宮内庁が否定したものの、8月8日にビデオメッセージという形で天皇の「お気持ち」が伝えられた。さらにそれから1週間もしないうちに、今度はSMAPが解散するというニュースが飛び込んできた。

この2つのできごとを受けて私はふと、ちょうど60年前の1956年に書かれた『孤獨の人』という小説のことを思い出した。藤島泰輔(1933~97)という当時23歳の青年による作品が、どんなふうに天皇とSMAPと関係があるのか? タネ明かしはあとにして、まずは作品の内容について紹介しておきたい。
藤島泰輔『孤獨の人』(岩波現代文庫)。その帯には「学習院高等科を舞台に学友が描いた学園青春小説」とある。なお、この小説は1957年に西河克己監督、津川雅彦主演で映画化されている

皇太子の学友たち


『孤獨の人』の舞台は終戦直後、皇太子(現在の今上天皇)の通っていた学習院高等科だ。著者の藤島泰輔は皇太子とは学習院の中等科から大学までの同級生であり、作中に登場する「吉彦」は自らの分身と思われる。

学習院は戦前から皇族や華族など上流階級の子息の通う学校だった。そのなかにあって吉彦は二代続く実業家の息子ながら、戦前の身分では平民ということになる。それゆえ、周囲の華族出身のクラスメイトに羨望とも嫉妬ともつかない感情も抱いていた。

もっとも、華族制度は戦後になって廃止される。そのため旧華族の家の生徒たちは自らのアイデンティティを保ちたい一心で、「ご学友」となるべく皇太子に近づくのに必死だった。吉彦の周囲には、皇太子を支配する者こそクラスを支配するという空気さえ漂っていた。それに吉彦はあくまで無関心を装う。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク