星野源 会場全体で“恋ダンス”も! 2017年初ライブは大盛況/ライブレポート・セトリ

 
星野源 会場全体で“恋ダンス”も! 2017年初ライブは大盛況/ライブレポート・セトリ
撮影 Tsukasa Miyoshi[Showcase]

■星野源/【新春 Live 2days『YELLOW PACIFIC』】ライブレポート
2017.01.24(TUE)at パシフィコ横浜 国立大ホール
(※画像10点)

大ヒットとなった『恋』を携えて、2017年初ライブ

星野源の【新春 Live 2days『YELLOW PACIFIC』】2日目に行ってきた。本人も言っていたが、今回は昨年のツアー【LIVE TOUR 2016 YELLOW VOYAGE】の番外編といった位置づけのようだ(しかし前回はやらなかった曲もやると、そうも付け加えた)。おなじみとなりつつある、ナレーションからのオープニング、というあたりの演出を細かく書くと長くなるので先を急ぐが、まず彼のライブで特徴的なのは、ホーン・ストリングス含む大所帯のバンドが総花的ではなく化合物としての音を放つ点である。

それはこの日、2曲目にやった「化物」などで顕著であり、彼が敬愛する細野晴臣から、さらに細野が敬愛するマーティン・デニーやレイモンド・スコットなどへも系譜的につながった表現方法とも受け取れる。簡単に言えば、大人数がひとつのイキモノであるかのように感情表現していく。こういう音楽をこれほど見事にやってのけているのは星野源だけだ。

星野源 会場全体で“恋ダンス”も! 2017年初ライブは大盛況/ライブレポート・セトリ
撮影 Tsukasa Miyoshi[Showcase]

星野源 会場全体で“恋ダンス”も! 2017年初ライブは大盛況/ライブレポート・セトリ
撮影 Tsukasa Miyoshi[Showcase]

また、音楽において、グルーヴとはなんであるのかをよく知っているのが彼である。「Night Troop」の、悪戯に展開するより緩やかに反復することでリズムの浸透力を得るかのような手法には、まさに聞き惚れた。「Snow Men」は、照明の配色が本当に綺麗でウットリ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

星野源のプロフィールを見る
エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「星野源」に関する記事

「星野源」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「星野源」の記事

次に読みたい「星野源」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク