bit

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

片道二万円の夜行バス、その実力を体感する。


関東バスは、大阪東京間において、従来とは全く異なる夜行高速バスの運行を2017年1月18日より開始した。名称は「ドリームスリーパー東京・大阪号」、片道料金がなんと20,000円という超豪華夜行バスである(4月27日までは運行記念割引で18,000円)。大きな特徴としては、一便につき11席のみの完全個室、絨毯張りで土足厳禁、快眠を追求したリクライニングシートや多様な設備…。

世間で語られる夜行バスの利点とは「安さ」だろう。中には同じ距離で3,000円台というものまであり、一時期はコスト削減が事故につながりかねないと社会問題にもなったが、現在までそのポジションが変わることはない。が、旅客輸送というくくりでの競合では、新幹線や飛行機(LCC)が挙げられる中で、ドリームスリーパーの二万円という価格はそれらより高額だ。当然、インターネット上では「それなら新幹線を選ぶ」という声が散見されたが、何事も確かめてみねば分からない!乗車レポートと、関東バスの方に取材を行った。

結論を先に伝えると、ドリームスリーパーは、夜行バスにまつわる「我慢」という印象から程遠いものだった。
足を伸ばせない我慢、トイレに行けない我慢、ほかの乗客の生活音に対する我慢、衛生面での我慢…。
それらから解放された、新幹線やLCC(飛行機)すら上回る快適な移動手段、それがこの正体だ。

何も褒めるために取材をしてきた訳ではないのだが、見知ったまま書いた結果、ほぼ絶賛している。
だから、「提灯記事じゃないヨ!」と先に断っておこうと思った。

それと、この記事は長い、完読まで3分はあなたの時間をもらうだろう。
インスタント麺を食べる前ならお湯を入れてからにしてほしい。

ドリームスリーパーの利用を検討している人には、きっと役に立ってくれると思う。

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

乗車は大阪、なんばOCAT内にある湊町バスターミナルから。

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

出発10分前、定刻に着いたバス。後に聞いたところ、この日は満席(満室)だった。


快眠へ誘う贅沢設備&サービス、まずはそのすべてをご紹介。

体験した感想も併せて設備とサービスについて紹介する。
本サービスは一時期いろんなメディアに露出していたため、ご存知の方も多いかもしれないが、おさらいも兼ねて読んでほしい。

バス業界初!たった11席の完全個室


まずはじめに、靴を脱ぐ(!)。

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

車内内観、左の手はコートを脱ぐ乗客の方。

ドリームスリーパー、最大の強みがこの完全個室だ。
四列シートなら40席前後のところをあえて1/4の11席まで減らし、一人当たりの占有率を4倍にまで高めている。

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

内壁は革張り風で、指で押すとわずかに凹む。
揺れて頭をぶつけても痛くなさそうだ。

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

ドアはほどよく厚みがあり、シッカリと外側と内側を隔ててくれる。

これにより静音性が保たれ、結果として周りの生活音はほぼ聴こえなかった。
正直なところ、高額という点からも比較的マナーの良い客層が多いという理由もあるかと思う。

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

見上げると緊急ボタンがあった、急な体調不良などの緊急時用とのこと。


飛行機のビジネスクラス並、多種多様なアメニティ。


ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

ドアの向こうは、葉巻でも吹かせたくなるような(吹かせないが)イスに丁寧に備品が置かれていた。

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

引いて撮ると、このような内観になる(画像は関東バス提供)。

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

真正面のテーブルにすべてを乗せて品定め。
このテーブルもまたすごく良いサイズなのだが、それはまた後述。
ひとつひとつ紹介していきたいところだが、終わりが見えなくなってしまうのでまとめよう。

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

歯磨きセット、スリープマスク、耳栓、ヘッドフォンカバー。

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

おしぼり、スリッパ、ヘッドフォン、iPhoneとAndroid用のケーブル

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

最後に、水と、ブランケット。
スリープマスクの裏地の起毛と、おしぼりの厚手っぷりには目を見張るものがあった。
おしぼりは到着後も湿っているほど抜群の保水力、長時間の乗車には重宝するだろう。

ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ

とくに意味はないが、すべて付けるとこうなる。

これらは、ブランケットと電子機器類を除いてすべて持ち帰ることができる。
一口に飛行機のビジネスクラスと言ってもいろいろあるだろうが、同程度のアメニティはありそうだ。

あわせて読みたい

「ネットの声は当てにならない!片道二万円の豪華夜行バス、ドリームスリーパー東京・大阪号を本音レポ」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    たしかにネットの声はあてにならない、一般人をよそおった情報工作の場所だと思っていた方がいい

    24
  • kome 通報

    原稿描く職業の人は、仕事しながら目的地にたどり着けるのがいいね。乗り換えとかチェックインの手間もはぶけるし。

    16
  • 匿名さん 通報

    「新幹線のグリーン車と同額の2万円は無駄無駄ッ!」という方は時間を止めて21時23分までに東京駅14番ホームへ移動してください。

    11
  • 匿名さん 通報

    仕事しながらバス乗ると酔うから新幹線の方がいいかな

    9
  • 匿名さん 通報

    フジCSでやっていた北斗星リポートとあんまり変わらないな。新幹線が走れない時間にどうしても乗らなきゃ行けないヒトってそんなに多いんだろうか??

    6
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース