smadan

参加費37万円の「管理者養成学校」が過酷すぎる 駅前で名前を大声で言わせる訓練も


主な一日のスケジュールは、

5時30分~ 起床・朝礼
6時30分~ 訓練
7時00分~ 朝食・清掃
8時00分~ 訓練
12時00分~ 昼食・休憩
13時00分~ 訓練
19時00分~ 夕食
19時30分~ 報告書作成
20時00分~ 入浴
20時30分~ 自主特訓
22時30分~ 就寝

となっている。

ネット上で特に大きな反響が起こったのは、駅前にスーツ姿で1人で立たせ、「〇〇県から来ました、〇〇(名前)です!」と大声で言わせるという訓練。校長先生曰くこれは、公衆の面前で大声を出すことで恥ずかしさを捨てるためのものであり、管理者として堂々と意見が言えるようにするという目的がある、という。
これには「駅前での個人情報暴露大会とかないわ」「ありえない思考、考えが古すぎる」といった批判が。
実際にこの現場を目撃した人は、この番組を見てその時の状況が理解できたようで「あの迷惑な駅前大声選手権はこれだったか」「変な団体かと思って怖かったわ」と声をあげていた。

13日間におよぶ合宿「管理者養成基礎コース」の値段は37万3960円(前泊・食事込み)。訓練を受けた後の生徒は「自分が当たり前のことができていないのを実感できた」「終わってみたら行ってよかった」と満足しているようすであった。

満足している訓練生もいるようだが、ネット上では「こんなのただの洗脳だわ」「ブラック企業を合法だと思わせるよう仕込んでるだけだろ」「こういう思想が付いた人が社会に出てくると考えるだけでも最悪」「完全な社畜兵を作り上げる素晴らしい学校だね」といった意見が見受けられる。

体験者や、知人が行ったという人も反応しており「良くも悪くもひたすら根性で仕事しろと教え込まれる」「金の無駄だって言ってた」と言う人もいれば「確かにブラックと思われる企業もあったが、ここを利用する経営者=ブラック企業経営者とは限らない」と言う人もいた。


過酷研修で訴訟が起きた例も


こういった厳しい研修を行い、過去にトラブルが起きた企業もある。
2014年には、中華料理のチェーン店を運営する会社にて行われた、絶叫しながら抱負を語らせる社員研修がテレビ番組で放送され、ネットで話題に。その後同社の公式サイトで釈明文が掲載される事態になった。

また、2016年、当時50歳の男性が過酷な研修で障害が残ったとして当時在籍していた会社に対して訴訟を起こした。研修には24kmを4時間で歩かせる訓練が複数回あり、連帯責任で同僚に迷惑をかけること、解雇されることを恐れて脚を痛めながら続けたため、関節可動域が狭まる障害が残ったとのこと。同男性は障害のため休職し、退社していた。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月22日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。