smadan

女性へのLINEにハートマーク! ドン引きされないための正しい絵文字作法

女性へのLINEにハートマーク! ドン引きされないための正しい絵文字作法

先日宮崎県日南市の崎田恭平市長市長(37)が、メッセージアプリLINEで、職員へ送る個別メッセージを60名の職員で構成されるグループLINEに誤送信。その経緯について議会で陳謝するニュースが話題となりました。
市長は、このメッセージにフランクな文章とハートマークなど絵文字が多用されていたことについて説明。やましい関係はないと説明しましたが、実際関係がなかったとしても、市長としてはいらぬ恥をかいてしまったことになります。
今回は状況が状況だっただけに、恥をかいたのは当然として、世の中には彼のように晒し者にならないにしても、女性に送るメッセージに絵文字をどの程度使ってもよいのかわからなかったり、怒っていると相手に勘違いされたりする男性もいることでしょう。
今日は女性に無駄なドン引きや勘ぐりをされないための、正しいLINEの絵文字作法について考えます。


一般的に絵文字を多用する人は情緒不安定?


絵文字。その使用頻度は個人の自由であり、使い方ひとつで文章を楽しそうに彩ることができるツールです。LINEであればスタンプのほうが使われがちですが、まだまだ文章を彩るには有効。
しかし、一般的にこの絵文字を多用しすぎる人には、こんな傾向があると思われているようです。

・感情的
絵文字はいわば、文字の中に感情をのせるツール。そのため絵文字を多用しすぎると、もれなく感情的と思われたり、テンションが異常に高い奴と認定されたりすることが多々有ります。10代のメールほどテンションが高く感じるのは、これら絵文字の量も関係しています。

・マメで暇人
絵文字というのは、使わない人からすると、とにかく打ち込むのが面倒なものです。予測変換で出てくる「!」や「笑顔」などの定番ものは良いとしても、たまにしか使わない絵文字は画面を切り替え、使わねばなりません。
そのため絵文字を使う人は、マメで暇人と思われがちで、せっかく凝った文面を作ったのに損をすることもあります。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク