review

伝説の野球マンガ「キャプテン」「プレイボール」奇跡の復活、コージィ城倉「プレイボール2」

1984年、41歳の若さで逝去した漫画家ちばあきお。『あしたのジョー』で知られるちばてつやの弟でもある。

そのちばあきおが手がけた伝説の野球マンガ『キャプテン』と『プレイボール』、そして谷口タカオが帰ってきた。

4月5日発売『グランドジャンプ No.9』で遂に掲載された『キャプテン』『プレイボール』の続編、『プレイボール2』。作者は『グラゼニ』『江川と西本』(※森高夕次名義)『おれはキャプテン』などで知られる野球マンガのヒットメーカー・コージィ城倉だ。

『グランドジャンプ』にはコージィ城倉インタビューも収録。その中には、次の言葉があった。

《ちばあきおとちばてつやの世界というのは、もう、ロングの美学だから》

復活1コマ目は、まさに、ロングでの荒川・河川敷グラウンドの描写から。
舞台は『プレイボール』が終わった1978(昭和53)年。
復活第1話は、その時代背景と舞台設定、3年谷口・2年丸井・1年イガラシを中心に墨谷高校野球部の主要メンバーを描く、実に丁寧な展開だ。1978年のヒット曲「サウスポー」から物語を展開させる当たりが実に巧い。

続編であり、新連載。
不朽の名作でありつつも、約40年前の作品。
作者が代わり、でも、絵柄は一緒。

その立ち位置の難しさ、制約の多さを絶妙にハンドリングした、見事な「第1話」といえる。

その魅力は、ぜひ『グランドジャンプ』で確かめて欲しい。集英社も力を入れているようで、コンビニの棚でこれほど『グランドジャンプ』を見かけたのは久しくない、という程に並べられている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク