smadan

SNSに「家族の死」投稿は悪なのか 新聞の相談きっかけに議論勃発

5月7日、読売新聞の「人生案内」で「父の死を夫がSNS投稿」と題された読者からの相談が紹介された。これをきっかけに、「人の死」をSNSでネタにすることへの議論が巻き起こっている。

「父の死をSNSに投稿する夫」に批判殺到!


SNSに「家族の死」投稿は悪なのか 新聞の相談きっかけに議論勃発
画像はイメージです。

「人生案内」によると、投稿者である40代の主婦は父を亡くし、夫と子どもと共に実家へ向かう。しかしその道中、夫はベビーカーを押す投稿者の写真を撮り「合掌。義父急逝」などとSNSに投稿したという。

投稿者は「父を亡くした私の写真を、当日に世界中の友人と共有する気持ちが理解できません」と語り、「夫を見ると緊張し、攻撃的になってしまいます」とのこと。Twitterなどでも「うわぁドン引き…」「自分の旦那が同じことをしたら、私も許せない」「身内のくせに野次馬みたいな行動をしてるのが腹立たしい」と夫への批判が殺到。

しかし一方で、「写真ナシだったら個人的には許容範囲かな」「SNSが心の拠り所になってる人だっているし、一概に悪いとは言えない」「墓参りなら投稿する人の方が多そうな気がするけどどうなんだろう」という声や、「SNSへの投稿を新聞への投稿で叩くというのも…」という意見も上がっている。

「人の死」はSNSに投稿してもいい?


「全てのイベントがネタって考えてるんだろうな」という声もあるように、人の死をSNS投稿のネタにすることに対しては以前にも議論になっていたことがある。ガダルカナル・タカさんの妻でタレントの橋本志穂さんは、昨年4月にFacebook上で母を亡くしたことを明かし、母親の亡骸とのツーショット写真も投稿した。

あわせて読みたい

  • コンビニで「エロ本売らずオムツ売れ」に賛否 実際に売っているところでは売っている

    コンビニで「エロ本売らずオムツ売れ」に賛否 実際に売っているところでは売っている

  • SNS「リア充アピール代行」の闇が深い 裏切られた元カノを見返す、ハーレム演出も

    SNS「リア充アピール代行」の闇が深い 裏切られた元カノを見返す、ハーレム演出も

  • アニメ監督の山本寛、女子大生刺傷事件で被害者の「落ち度」めぐる発言で炎上

    アニメ監督の山本寛、女子大生刺傷事件で被害者の「落ち度」めぐる発言で炎上

  • 宅配ボックス設置で再配達が激減! 共働き世帯への実験が話題

    宅配ボックス設置で再配達が激減! 共働き世帯への実験が話題

  • スマダンの記事をもっと見る 2017年5月8日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース