smadan

2人きりでお酒を飲んだら性行為はOK!? 他にもある男の思い込み

       
2人きりでお酒を飲んだら性行為はOK!? 他にもある男の思い込み

先日NHKの人気情報番組『あさイチ』において「無関係ですか? 性暴力」と題して、性暴力の実態についての特集が放送されました。公になりにくい性暴力の実態について、アンケートを踏まえながら紹介していった本編。そこには若干恐ろしい“思い込み”についてのデータもありました。

それは「“性行為の同意があった”と思われても仕方がないと思うもの」と題したアンケート結果に、なんと27%もの人が「2人きりで飲酒」という項目に「そう思う」と答えていたのです。この結果は男女関係なく聞き取りをした結果ですが、一緒にお酒を飲みに行っただけで、好意やその後のことへの同意とイコールであるという時代遅れで極端な考えに、筆者は唖然としました。

ただ冷静に振り返ると、筆者もお酒を2人きりで飲んだだけで、好意を抱いているorその後のことに同意をしたと勘違いしている(と思われる)人に数名出会ったことを思い出しました。(もちろんこちらから穏便にお断りしましたが)
性行為だけでなく、多くの男性が恋愛において自分に都合の良いように思い込んでしまっていることは、他にも存在します。
今回は、男性には勘違いしてほしくない、絶対知っておいてほしい、「恋愛においての思い込み」をご紹介します。

ハートが付いているだけで「好かれている」


男性がよく間違えて思い込むことの1つに、「ハート」絵文字に対する認識があります。
写真にスタンプ、顔文字に絵文字と、今や表現の幅も広がるメッセージアプリでのコミュニケーション。そこでは多くの女性が愛の象徴であるハートを、様々な意味に重ねて使っています。

たとえば「かわいい!」「うれしい!」「楽しかった!」などのポジティブな気持ちにも、ハートを多用する女性がいるのです。同性からすると当たり前すぎる表現なのですが、女子の無邪気な気軽さがわからず、中には「ハート絵文字がいっぱい使われているから、この子は自分のことが好きなはず」と勘違いを起こす男性に遭遇したことがあります。
「はず」なんて思い込まないにしても、「もしかして、自分のことを好いてくれている!?」とヤキモキするくらいなら、多くの男性にも経験があることでしょう。
正直テキスト以外によるコミュニケーションが多様化した現代では、絵文字や顔文字の種類だけで好意を読み取るのは不可能です。
女性のハートはLOVEではなくLIKEである。あなたに送られるハートの意味は、SNSの「いいね!」と意味は同じなのです。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月3日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。