smadan

処女喪失時に女が思ったこと、童貞の夢ぶち壊すその真実

処女喪失時に女が思ったこと、童貞の夢ぶち壊すその真実

夏といえば、ひと夏の恋!
この時期は、イベントも増え薄着の機会も増え、結果として一夏のアバンチュールを体験する男女も多いようです。
しかし先日、Twitterである童貞男子の悲しい勘違いが話題となりました。投稿者が大学で見つけたという童貞男子は、「女の穴は大小の排泄用途と出産用途すべて総合して1つしかないと思っていた」「胸は格納式で乳首を引っ張ると胸が出てくる」など、信じられないような思い込みをしていたというのです。
このツイートを読んだ人からは「性教育の敗北を感じる」と嘆きのコメントが寄せられていました。

確かに童貞であれば、女性の体に直に触れることがないわけですが、さすがに体の構造くらいは、保健体育で習いそうなものです。ヘンテコな思い違いは、フシダラなどと理由をつけて、適切な性教育をおこなわなかった結果かもしれません。

また時を同じくして、こんどはネットの女性向け掲示板で、ある初体験の話題が盛り上がりました。「初体験は何歳? どうだった?」と題された掲示板には、当時の体験について赤裸々に印象を語りあう女性が見受けられました。
筆者はこの2つの書き込みを見ながら、ふと思ったのです。男は処女喪失の瞬間を神格化しすぎているのではないか、と。

現にアダルト作品(男性向け)を目にすると、処女の扱いが現実とは違いすぎる。これでは確かに多くの男性がスタート時から(もしくは、スタートをまだ切れていない男性も)勘違いしてしまう。
そこで今回は「夏のリアルな性教育講座」と題して、多くの男性が勘違いしている、実は処女喪失時に女が感じていることについてご紹介します。


初めては、全然気持ちよくない


そもそも、処女喪失時は体の構造上痛みを伴うといわれています。痛みには個人差があり、激しく痛い人もいれば、違和感程度にやりすごせる人もおり、また出血のありなしも人によります。
しかし痛みには個人差があるものの、ほぼ100%近い女子(筆者調べです)が、「初めての挿入時は気持ちよくない」と答えています。
初めては緊張と痛み、そしてとまどいに押され、気持ちよくなる前に行為は終了します。しかし、アダルト作品では、不思議と処女とそういう行為をしていると、“だんだんと気持ちよくなってくる”という描写が頻繁に入っています。

リアルな女性の場合は、2回目から確実に快感を感じるのではなく、ある程度体が性行為に慣れてくると(個人差や男性のリード力による)そこで初めて快感を感じるようです。多くの童貞男子が、処女には長時間挿入し続けると気持ちよくなると勘違いしていそうですが、現実の女の体はもっと難しくて複雑です。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月15日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。