ベーシスト脱退のHOLLOWGRAMが8ヶ月ぶり公演で新体制のラインナップを発表

赤坂BLITZでの公演をもって5年間の活動に終止符を打った9GOATS BLACK OUTのヴォーカルryoが2014年に始動させたHOLLOWGRAM。ryo、一也(Gt)、夢時(Gt)、攸紀(Ba)、shinya(Dr)というラインナップで4年近く活動してきたが、今年の4月に攸紀が脱退し、新体制になることを発表していた。

9月1日、そのHOLLOWGRAMが『HOLLOWGRAM pre act“Halftone Gradation”』と題した8ヶ月ぶりとなるライブを行った。ryoいわく、「新曲、新体制の試用的なライブ」という本公演。はたして新ベーシストは誰なのか――? 事前のアナウンスは一切行われずに迎えたこの日。満員の高田馬場CLUB PHASEに集まったファンは新体制のHOLLOWGRAMの姿がステージに現れるのを待っていた。

そこに現れたのは、椅子に腰掛けたryo、一也、夢時、shinyaの4人。アコースティック編成で新曲「Paint in water color」をしっとりと聴かせると、SEをバックにそれぞれが立ち位置につき、改めて楽器を手にする。ギタリスト一也が手にしたのは……なんとベース。新生HOLLOWGRAMは、新ベーシストを入れることなく、ryo(Vo)、夢時(Gt)、一也(Ba)、shinya(Dr)で活動していくことを示していた。

“1時間のハーフ・タイム・ワンマン”とされたこの日だが、新曲3曲を含む、全15曲をたっぷり披露。現状このラインナップでHOLLOWGRAMは活動していくと宣言した。また、この日披露した新曲3曲のほかにも新曲が多数完成していること、そしてryoは“未来”という言葉を多く用い、バンドの歩みを止めることはないことを伝えた。4月のメンバー脱退の報せに心揺れたファンにとって、約束された“未来”がどれだけ心強く、嬉しかったことだろうか。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク