スピッツ 結成30周年記念ツアー千秋楽で“非”引退宣言 「役割を与えられているから、引退しません!」

スピッツ 結成30周年記念ツアー千秋楽で“非”引退宣言 「役割を与えられているから、引退しません!」
撮影/内藤 順司
スピッツの結成30周年記念ツアー『SPITZ 30th ANNIVERSARY TOUR “THIRTY30FIFTY50”』の最終公演が1日、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)で行われ、前日と合わせ18,000人のファンが30周年を祝福するともに、名曲の数々に酔いしれた。このツアーは7月1日静岡・エコパアリーナを皮切りに、日本武道館3days、横浜アリーナ2days、を含む、全国11か所で22公演行い、草野マサムネ(Vo)、三輪テツヤ(Gt)、田村明浩(Ba)、崎山(Dr)が全員50歳という節目を迎えた年のツアーを完走した。

単独ライブとしては東北でこの日が80本目、宮城では36本目という影アナが流れ、ライブへの期待が高まる中、客電が落ち、サーチライトが幾重にも重なり眩すぎるほどの光がステージと客席に向け放たれた。ファンは早くも総立ちだ。光に包まれメンバーが登場すると大歓声が沸き起こり、会場の内の空気が変わった。オープニングナンバーは2016年に発売されたアルバムのタイトルチューン「醒めない」だ。<まだまだ醒めない アタマん中で ロック大陸の物語が/最初ガーンとなったあのメモリーに 今も温められている/さらに育てるつもり”という4人の変わらない想い、強い意志表示ともとれるフレーズが印象的なこの曲を、30周年記念ツアーの1曲目に選んだことが、このツアーの意味をあらわしている。草野が「30年前に変なことをやろうと思ってバンドを組んで、いまだに変なことをやっていて、そういうバンドを観に来るあなた達が一番変です」と、嬉しそうに語ると、客席からは笑いと大きな拍手が起きた。スピッツに出会えたこと、スピッツの音楽が人生に潤いを与えてくれたことに、そこにいた全ての人が感謝していることが伝わってくる拍手だった。

あわせて読みたい

  • スピッツ バンド結成30周年を目前に約3年振りのオリジナルアルバム『醒めない』をリリース/レビュー

    スピッツ バンド結成30周年を目前に約3年振りのオリジナルアルバム『醒めない』をリリース/レビュー

  • RADWIMPS デビュー記念日にスピッツを迎えて。二度と見られない貴重な光景が展開/レポート

    RADWIMPS デビュー記念日にスピッツを迎えて。二度と見られない貴重な光景が展開/レポート

  • スピッツ 過去も現在も同列に並べたお祭りのようなステージ/ライブレポート

    スピッツ 過去も現在も同列に並べたお祭りのようなステージ/ライブレポート

  • 1万5千人が酔いしれた! スピッツ 約16年ぶりの野外ワンマンライヴ/ライブレポート

    1万5千人が酔いしれた! スピッツ 約16年ぶりの野外ワンマンライヴ/ライブレポート

  • 気になるキーワード

    エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2017年10月2日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「WANIMA」のニュース

    次に読みたい関連記事「WANIMA」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「三浦大知」のニュース

    次に読みたい関連記事「三浦大知」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「globe」のニュース

    次に読みたい関連記事「globe」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース