smadan

「インスタ映え」至上主義の時代、承認欲求との付き合い方を精神科医に聞いてみた

「インスタ映え」至上主義の時代、承認欲求との付き合い方を精神科医に聞いてみた

Instagramなどで「いいね!」をもらうことで承認欲求を満たすことが増えています。「インスタ映え」ばかりを気にする姿を揶揄する「インスタ蝿」という言葉も登場しました。そんな時代に承認欲求とうまく付き合うにはどうすればよいか、精神科医の「シロクマ先生」こと熊代亨先生(@twit_shirokuma)に聞いてみました。

SNSと承認欲求が強く結びついている理由


――なぜ人は承認欲求を満たそうとするのでしょうか。昔からそうした欲求はあったのでしょうか?
「人間は昔から群れて生きてきた生物なので、人間関係にまつわる欲求は生得的に備わっています。ただ、人間関係のかたちが変わったり、欲求を満たすための方法が増減したりすれば、それに伴って欲求のかたちは変わります。現代社会は、旧来の社会に比べて人が群れて過ごすことが少なくなりました。核家族化、一人暮らし化、契約社会などの浸透による村社会の衰退、等々が昔と現代の違っているところです」

――時代に合わせて変わっていくんですね。
「そして次第に群れなくなり、群れるユニットも不明瞭になった現代社会では、所属欲求が満たしにくくなってしまいました。所属欲求はしがらみ(たとえば家父長的抑圧)とも表裏一体でしたが、ともかく群れなくなった以上、所属欲求が満たせなくなったわけです。そのぶん、社会的欲求として求められるウエイトが承認欲求に傾いた、ということなのでしょう。こうした変化は20世紀前半の米国などでは始まっていました」

――Instagramが人気なのも承認欲求を簡単に満たせるからでしょうか。
「近年ではその承認欲求を満たすための手段として『モノの消費』が、最近は『コトの消費』が言われるようになりました。SNSやインスタは、承認欲求をみんな満たしたいという背景によってフィーバーしたと言えますし、それら自体が承認欲求を煽っているとも言えます。ただ、最近は承認欲求に加えて、シェアやリツイート等によって所属欲求を満たせることも周知されてきて、いろんな悲喜劇の要因となっているようには思います」

――承認欲求に振り回されないためにはどうしたらいいですか。
「この承認欲求が正しい/正しくない、といった区別をして考えるのは難しいと思います。ただ、承認欲求や所属欲求の虜になってしまわないためには、持続的にそれらの欲求が満たせる関係、欲求不満や行き違いが時にはあっても続く関係を持っておくことが大切だと私は思います。それらの欲求を求めるか否か、ではなく、その欲求の求め方の習熟度、巧さ、みたいなものを高めて上手に満たせるようになるには、多少の摩擦や不満があっても続いていく関係が大切です。オンラインでもオフラインでも、そういう関係を志向していくことを私はお勧めしたいです」

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月6日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。