review

「ナラタージュ」小川真司プロデューサーに聞く。 映画を成立させるには、スター松本潤が必要だった

かつて、孤独を埋めるように愛し合った高校教師と女生徒が、数年後に出会い、再び、恋の炎が燃え上がる。
離れられない恋人たちの情愛を、松本潤と有村架純が、しっとりと演じて、魅せる2時間20分の大作。
ティーン向けの恋愛ものが流行る中、あえて、オトナの恋愛映画に挑んだ、小川プロデューサーにその狙いを伺いました。
「ナラタージュ」小川真司プロデューサーに聞く。 映画を成立させるには、スター松本潤が必要だった
「ナラタージュ」
原作 島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊)
監督 行定勲
出演 松本潤 有村架純 坂口健太郎ほか
10月7日公開

───「ナラタージュ」は2時間20分もある、いまどき珍しい、大作感ある恋愛映画でしたが、そこは狙ったのでしょうか。

小川 最初に脚本を読んだとき、小品のフランス映画みたいで良かった反面、この時代に映画化するのは難しいと思いました。とはいえ、原作の構図は、先生(松本潤)と生徒(有村架純)ともうひとりの男(坂口健太郎)との三角関係というラブストーリーの王道の構図は持っているので、ある種のスケール感を出すことで、メジャー映画としてのパッケージ感を出せるかもしれないと考えました。『ライアンの娘』のような昔の文芸大作映画みたいなものが最近ないなと思ったんですね。小さく作るより、大きく作るほうがチャンスがあると。昔から巨匠監督が、2枚目のマネーキングしたスターを起用して、文芸映画を作ることは、東宝、松竹、大映あたりがやっていました。佐田啓二や石原裕次郎などが出ていて、芸術祭参加作品になるようなものがあったんです。僕らはそういう作品を目指そうと。それで、とにかく、キャスト次第だと思いました。

───松本潤さん、有村架純さんありきだったと。

あわせて読みたい

  • サエコ、こわい、サエコ、魔物。最終回

    サエコ、こわい、サエコ、魔物。最終回

  • 「失恋ショコラティエ」10話

    「失恋ショコラティエ」10話

  • 「失恋ショコラティエ」9話

    「失恋ショコラティエ」9話

  • 「失恋ショコラティエ」1話

    「失恋ショコラティエ」1話

  • レビューの記事をもっと見る 2017年10月6日のレビュー記事
    「「ナラタージュ」小川真司プロデューサーに聞く。 映画を成立させるには、スター松本潤が必要だった」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      別に必要じゃないよ。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース