セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

冷凍チャーハンに革命が起こっている。中身ではなく容器の面で。
セブン-イレブンが一部店舗で期間限定販売している「カップのまま食べられる」チャーハン。これがすごいのだ。
レンジで温めるだけで皿に移し替えずそのままスプーンで食べられる。カップ麺の感覚に近い。いやもっと楽かも。

セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

従来の袋タイプの冷凍チャーハンと冷凍エビピラフはこんなパッケージだった。レンジで加熱後に袋に入れたまま食べると、あまり上品とは言えない様子になるのが難点だった。

セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

「カップのまま食べられる」チャーハンは上から見るとパッケージはこんな感じ。形状は縦型のカップラーメンのようだ。容器はプラスティック。

セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

点線までフタを開ける。中には凍ったごはんと具材が入っている。
セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

チラリ。
セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

電子レンジに入れる。調理時間は500Wで約3分10秒。店頭で温めてもらうこともできる。
セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

できあがり。チャーハンの香ばしいかおりが漂う。フタから高温の蒸気が漏れるので注意だ。
セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

開封!
セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

スプーンでよく混ぜる。
セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

こっちはエビピラフ。おいしそう。エビがつややかで食欲をそそる。
セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

たったこれだけで完成!
セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

編集部の同僚にも食べてもらった。
セブン「カップのまま食べられるチャーハン」が革命的だった

ちなみに価格は194円。しばらく昼食はチャーハンの日が続きそうだ。