review

「宇宙戦艦ヤマト」の真実。因縁とかスキャンダルより、創作の秘密が凄すぎる

SF設定の担当者が明かす仕事術


『宇宙戦艦ヤマト』の劇場版アニメ映画が公開されてから、今年で40年目になる。もうそんなに経ってしまった。

もともと“ヤマト”は、テレビ放映用にオリジナルのアニメシリーズとして企画された。当初は全51話に及ぶ壮大な物語として構想されていたというが、1974年に放送を開始してみると、制作者たちの予想に反して視聴率は伸び悩み、結局、規模を縮小して26話で完結することとなった。

テレビ番組的に成功したとは言い難かった“ヤマト”だが、SFファンから熱い支持をうけ、1975年の9月に再放送が始まると、次第に人気はひろがりを見せ、一般層へもその熱狂が伝播していった。ヤマトブームは社会現象ともなり、以後、アニメファンとそれを取り囲む巨大なマーケットを形成する原点ともなった。

本書『「宇宙戦艦ヤマト」の真実』は、最初の企画立ち上げ時からSF設定担当として深く関わってきた作家の豊田有恒が、その制作の裏舞台について語ったものである。

巷間取りざたされてきたように、『宇宙戦艦ヤマト』には様々な噂話やスキャンダルがついてまわった。その大半はプロデューサー西崎義展の人間性に起因するものだが、本人亡きいま、どこまでが本当のことかはわからない。西崎の行状についてより深く知りたい方は、2015年に刊行された『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』が詳しいので、そちらを読んでいただくのがいいだろう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク