smadan

テニプリ好きの中学生だった私が「港区女子」になって失ったもの

スマダン読者の皆さん、はじめまして。マドカ・ジャスミンです。
普段はライターや合コンコンサルタントとして活動していまして、この度スマダンでも執筆させていただくことになりました!(パチパチ)
テニプリ好きの中学生だった私が「港区女子」になって失ったもの

記念すべきスマダンでの第一作ということで、担当者さんと何を書こうかと相談に相談を重ねましたが、なかなかいい案が出てこず……。

そんな話し合いの中でこのようなことを言われました。


「マドカさんって昔から明るく元気なんですよね」


え?


ちょっと待ってくれ。

たしかに合コンコンサルタントと名乗ったり、西麻布のバーで店長をやったりと「はいはいキラキラね」みたいに思われています。
テニプリ好きの中学生だった私が「港区女子」になって失ったもの

が、が!!!!!!

私の初恋の相手は何を隠そう、ウルトラマンティガ。
小中学生時代のダーリンは、「テニスの王子様」の丸井ブン太。(といいつつ推しメンたくさん)
テニプリ好きの中学生だった私が「港区女子」になって失ったもの
小5の時に撮ったプリクラ

高校時代からはリアルなメンズとあれそれあるようになったものの、メンタルが荒れると大音量で流すのはテニプリのキャラソンや特撮ヒーローの曲たち。
周りから根明と思われている私は、実際はただの根暗だし、陰キャラでしかないんです。つらい。
テニプリ好きの中学生だった私が「港区女子」になって失ったもの
19歳の時に撮った写真


根暗だった私が『マドカ・ジャスミン』になった理由


そもそもの話、なぜ『マドカ・ジャスミン』をやっているか。

言っちゃえば、鬱屈した学生時代に憧れた“理想像”。
都会を闊歩し、色んな友人に囲まれ、メディアに出て、きらびやかな夜に身を投じ、素敵なパートナーに恵まれ…最後のだけ実現していないのはさておき、そんな理想像が自分の中にあり、その結果が『マドカ・ジャスミン』なのです。

なので、化粧をしたり、着替えたりするときは私にとっての変身。
「ああ…外界なんて無理…」と起きた瞬間から絶望している朝も、アニメソングメドレーを流しながら“変身”すれば! 都会を駆け抜けるマドジャスに変身完了!ってな感じ。
テニプリ好きの中学生だった私が「港区女子」になって失ったもの

変身完了後はさぞ陰キャライキりイキリオタクを隠しているかと思いましたよね?ね?
ところがどっこい、見た目をいくら繕おうが人の中身の根本は変わらないもの。

例えば、皆さんは様々なシーンで、新しい人と仲良くなることがあるじゃないですか。
そんな時、私の脳内ではこうなります。


「新しいキャラktkr」


漫画やアニメで新キャラクターが登場する場面ってあるじゃないですか。
新しい人と知り合った瞬間、まさにそんな感覚になるんです。
しかも、勝手にキャラクタービジュアル化した人たちが頭の中に展開される。
厨二病全開だし、シンプルに気持ち悪いのですが事実なのです。
テニプリ好きの中学生だった私が「港区女子」になって失ったもの

あわせて読みたい

  • ドタキャンされるLINEでの誘い方

    ドタキャンされるLINEでの誘い方

  • アラサーの婚活やめた原因体験談

    アラサーの婚活やめた原因体験談

  • 準ミス青学 "事実無根の噂が流布"

    準ミス青学 "事実無根の噂が流布"

  • スマダンの記事をもっと見る 2017年11月17日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース